「新書メーカー」それっぽい表紙が2分で作れるWebツール

おしらせだよ

持ち運びがしやすく、価格もお手頃なものが揃っている新書

タイトルには秀逸なものが多く、どのようにしたら手にとってもらえるか?な工夫がされています。

そんな!新書が!手軽に作れるのが新書メーカーです。

新書メーカー

記事に説得力(?)をもたせるトップ画として使えるじゃん。と思ったので、使い方を紹介します。

ありそうな新書の表紙が作れる「新書メーカー」の使い方

表紙と文章を書くだけ

こちらが新書メーカーのページ。

いきなり冷蔵庫ネタを出してきます………。いや、入りませんって。

とまぁ、こんな感じで新書が作れるのね。フムフム。

見本に軽く引いたあとは、自分で「タイトル」、「副題」、「著者名」、「出版社名」、「NO」を考えましょう。

これが奥深いんだな。

タイトルを決める奥深さ

お遊びツールですが、紛れもなく本のタイトル決めの練習になります。書く内容が決まってないかもしれませんが、ここはひとつ実際に出版するつもりでタイトルを決めてみましょう

誤解を恐れずに言えば書籍は手にとってもらえる、買ってもらうのがゴールなので、できるだけキャッチーなタイトルをつけましょう。

Webはタイトルを見る→クリックされる→読まれる→シェアされるor購入されるまでがひとつのフローですよね。

書籍はWebと違って、タイトルだけですべてを表現できている書籍ってあんまりないようなぁ。と思った次第。

役に立ちそう!面白そう!みたいな感じなのが多いのかなぁ。と。

帯も付けられます。ここには推薦してくれた方の名前やコメントを入れられますよ。なにこれ便利(?)

で、更新ボタンを押すと、できあがりです。

こんなのができました

ちょっと文字数にこだわってみました。

ほら、Googleに好かれるには文字数を稼いで良質なコンテンツを作りなさい的な風潮あるじゃないですか。

そうなんです。文字数が足りなくて困ったときは、とにかく書けばいいんです。書けば文字数が増えます。

しかもひらがなにするともっともじすうがふえるけいこうにあります。てんさいかよおれ。

表紙は全部で4種類。同じ内容でも全然違う印象を受けますね。

記事のアイキャッチにも。

下記の記事を更新したときは、マジで出版すると勘違いされて焦りました。マジビックリ。

 

記事を1日7本更新するコツまとめ

戦略的クラウドファンディング。プロジェクトを成功させるための8つの考え方

ご利用は計画的に

タイトル付けの勉強やちょっとしたシャレにも使える新書メーカー。

ぜひ遊んでみてください。

新書メーカー

☆はしもとんからのお知らせ☆

現在募集中のイベント・セミナー情報

・東北 半年間の情報発信勉強会(告知をお待ち下さい)

セミナー、勉強会の依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ。クラウドファンディング、ライティングブートキャンプ、情報発信全般の実績があります。

☆個別の相談やライフシフトパートナーシップ募集中

年間120回以上個別の相談を受けている橋本が、あなたが前に進み人生を好転させるために伴走します。決して否定せず世間一般や業界の正解を押し付けない、柔軟な提案が好評です。

これまで扱ったテーマは、情報発信、ブログの書き方、自己肯定感、ライフスタイル、パートナーシップ、イベントのプロデュース、生き方、よくわからないモヤモヤ、転職、働き方などです。

ライフシフトパートナーシップは、2名ほど募集しています。

10月から増税によりバレないようにしれっと値上げするので、ご興味ある方はお早めにどうぞ。

ライフシフトパートナーシップ – はしもとん – 橋本憲太郎のサイト –

☆クラウドファンディングの相談はコチラ

これまで28件3,700万円、4,500人以上の支援に関わった実績から、あなたのクラウドファンディングのプロジェクトをサポートします。まずはお気軽にご相談を。 →クラウドファンディング プロデュース – はしもとん – 橋本憲太郎のサイト –

☆クラウドファンディング実施中のプロジェクト