【講師やりました】ライティングブートキャンプ in 銀座ユニーク

表題の通りです。

相談できる貸し会議室銀座ユニークさんにて、1日で取材ができるようになる「ライティングブートキャンプ」を開催させて頂きました。

4/3の平日コースと、4/7の休日コースの2日間!!

会社員8割、フリーランス2割って感じだったのですが、皆様気合と学び欲がすごすぎてすごかったです(語彙力)

▼3日の様子。

▼7日の様子。

ライティングブートキャンプ in 銀座ユニーク 4/3 4/7計15人の方に受講頂きました!

4/3 と 4/7の様子を。ちょっと紹介しますね。

ブートキャンプの流れ

  • 座学
  • ランチ取材
  • 執筆
  • 生添削&フィードバック

こんな流れでした。9時集合し18時まで。9時間の長丁場。

また、座学や質問から話した内容はこんな感じです。

  • チェックイン
  • 発信とは?
  • 発信をうまく使っている人の例
  • 記事の目的とは
  • 読者にして欲しいアクションの例
  • 記事タイトルの作り方
  • 記事構成の例
  • 記事を分解すると・・・?
  • ネガティブの扱い方
  • 記事品質の高め方
  • サムネイルのルール
  • 失敗しない取材写真
  • 料理写真の角度って?
  • ライター/ブロガー御用達の写真ツール
  • 企画の作り方
  • 主題の絞り方

などなど、、、ですね。

一番伝えたかったこと

最後の手紙みたいですが、違います。

今回のブートキャンプでは、テクニックうんぬんより、考え方を中心に伝えました。考え方を理解した上でじゃないと、小手先のテクニックで文章が書けるわけではないからです。

ある程度軸があり、考え方の指針があると記事を書くのがとてもラクになり、かつ楽しく書けます。ホントだよ。

それは取材対象者、取材対象物に対するリスペクトであったり、圧倒的な熱量であったりします。ホントだよ。

なので、「記事を書かなきゃ」ではなく、何のために(目的)記事を書く(手段)のか?を意識するのが大事ですね。

ライターになりたい、物書きになりたい。それはよいんです。素晴らしいことです。

でも、その前に“なぜ”ライターになりたいのか?を考えてみる。

そして、“なぜ”この記事を書きたいのか?を考えてみる。

自分に向けての目的(勉強したいから、お金のため、記事を増やすためw)と、

読者に向けての目的(知ってほしい、見てほしい、来てほしい、買ってほしいなど)の2つ。両輪が回ってないと先に進めません。

というか、続かなくて疲弊します。ライターに限らずどの分野でもそんな感じですけどね。

  • 目的(なんのために)
  • 言いたいこと(主張)
  • 読者(読んでくれるであろう人)
  • モチベーション(なぜ主張したいのか)
  • (マネタイズ)

こんなところでしょうか。記事を書く際に上記を意識いて、できれば書き出してから書き始めるとよいかもしれません。

5/19.20 6/9.10 御殿場でライティングブートキャンプ 泊りがけでやります

というわけで、5月19〜206/9.10は御殿場のコミュニティースペースである、AERA御殿場にてライティングブートキャンプをやります。しかも今回は一泊拡張版!です。

9時間でも「あっという間すぎた」と評判の講座が一泊することで、たっぷり質問できます、持ち帰られます。

なにげに新宿からバスで一本で来られるので、ラクですよ。

プチ旅行気分でぜひ起こしください。

それではまた会いましょう!

おわり。

銀座ユニークはコチラ→貸会議室・ストレジサービスの銀座ユニーク