ネタはあるのに書く気が起きないときは読者にして欲しいアクションを考えなさい

答え言っちゃった。それではさよなら。

………。

……。

タイトルがすべてなんですが。まだ読みます?

以下は、去年から始めているブログコーチングサービスでのひとコマです。だいぶ変えてますが。こんな会話がありました。

ランボー
改めましてランボーです。やっと吹き出しの住人になれました。
ランボー塾生
良かったですね。
ランボー
はい。で、なにが聞きたいんだっけ。
ランボー塾生
そうそう、ネタはあるんだけれど、イマイチ書く気になれない。なぜか書き出せられないんだよね。やる気がないから?
ネコだから?

ネタはあるのに書く気が起きないときは読者にして欲しいアクションを考えなさい

「書ける」は「出来る」だけ

ランボー
冒頭から100回くらい言っているけれど、コレに尽きます。

「読者にどうアクションしてほしいか考えるとイイヨ」

ランボー塾生
(言ってないじゃん)……どういうこと?
ランボー
記事って、自分の書きたいことを書くってのはもちろん大事なんだけど、「書きたい」だけだと、そこで止まっちゃうんだよね
ランボー塾生
止まっちゃうってなにが?
ランボー
ネタがある。書きたいって状態は、「書ける」ってだけの状態。ブログにできるよね。ってだけなんだよね。「書きたい」と「書ける」は違う。
ランボー塾生
違うのか。
ランボー
「書ける」だけだと、書かなくてもイイじゃん。できるって状態だけだから。
ランボー塾生
結論はよ。
ランボー
自分の「出来る」だけだと、強制力が小さいから、読者になにをしてほしいのか?を考えればいいんだよ。
すると一気に強制力が働くのよ。
ランボー塾生
強制力。パワー。

「書ける」から「◯◯してもらう為に書く」へ

ランボー塾生
ああ、時事ネタなのに珍しく検索で読まれている記事ね
ランボー
この記事。「翔のラーメン食べました。ブログネタ1個ゲッツ。デュフフ」だけだと、一生書かないんですよ。

書けるってだけだから。

ランボー
でもね、「翔のラーメン食べました。1ヶ月限定だから、お前ら早く買って食えよ!!」なら、書くしか無いじゃん。

まぁ、別に動画で配信しても、口頭で伝えてもいいんだけど

ランボー塾生
なんとなくわかった気がする。
ランボー
そのネタで、どんな目的を達成したいんですか?って考えるだけやねん。簡単でしょ。

アクションベースで考える。ブログは手段

ランボー塾生
ガジェットなら、「良いから買ってくれ」って言う。
美味しいケーキ食べた記事なら、「お店行ってもらうこと」を目的にするってことね。
ランボー
素晴らしいじゃないか。どう?書けそうな気がしてきたでしょ。
ランボー塾生
ブログ書く時間あるけど、なんか気が乗らないのは、そういうことなのか。
ランボー
ライターでも一緒だけどね。てか自分主軸の行動はだいたい当てはまるよ
ランボー塾生
書きたい、行きたい、食べたい、読みたいもかな
ランボー
読みたいとかまさにそうだよね。本はある。時間もある。あれ?なんで読まないの?みたいな。
本読みたい→本の知識を得たい
まで具体化したい。
ランボー塾生
目的がなくても出来る人はそれでイイのかもしれないけれど、そうじゃない人も多いもんね
ランボー
そうそう。「好きなんだから、なにも考えずに書けるだろ!」

って意見もあるんだけど、始めたばかりってまだ好きかどうかもわかんないじゃん。

人それぞれタイプが違うから、悩んでいる人に対して

「いいから書け、書けばわかるさ、なにごとも」

とは言えませんよ。

ランボー
ほら、俺、回復志向だから。
ランボー塾生
いきなりストレングスファインダーぶっ込んで来たなコイツ

目的を考えるとラクに動ける

この記事も、ただネタを思いついたからでは、強制力がありません。書けないんです。

でも、この記事を読んで「一人でも記事を書くときに悩む人が減れば最高だな」って思えれば、書けるんですよ。こんなセリフ形式に挑戦してでも。

ぼくは塾生の記事を添削しているんですが、目的も添えて記事をシェアしてくれって言っているのには、こういった理由もあります。

添削に出すときではなく、書く前に目的を考えるクセをつける感じですね。

ではでは、また。気付きをシェアします。

受けた人には好評なブログコーチングの詳細はコチラ→ブログコーチングサービス | はしもとんの伝え方

コチラもどうぞ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
わかりやすい書き方・撮り方・伝え方
\あなたのシェアが何よりの喜びです/
あなたが愛用しているSNSではしもとんと繋がってください(^^)
はしもとん -橋本憲太郎 公式ブログ-