自炊しました

【簡単】いくらの醤油漬けを作る方法【道産子家庭の味】

この記事は約2分で読めます。
[PR]記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります

写真 2012 10 06 18 55 29

しゃけの季節になってきましたね。

生筋子は、いまから店頭に並び始め、お正月前にピークを迎え、正月明けには終わってしまいます。

今が旬のイクラ、しゃけですが、イクラをスーパーで買うとスーパーだけにスーパーお高いのです。

北海道の家庭で出るようなイクラ2段重ねどんぶりを食べるなんて夢物語。

そこで、旬の時期しかお店に並ばない生筋子をゲットして、お家でイクラのしょうゆ漬けを作ってみましょう。意外と簡単にできちゃうんですよ!

お家でたっぷりいくらが食べられるってステキィ!!

準備するもの

材料

  • 生筋子 (100g当たり498円くらいで買える)
  • タレ [しょうゆ 1に対してみりん 2〜3]

道具

  • ざる
  • ボール

それでは作ってみましょう。

いくらの醤油漬けを作る方法

まずは生筋子の見た目に慣れましょう

写真 2012 10 06 17 26 49

ベローン

生のたまごなので若干アレですが、噛みつくことはないので勇気を振り絞って触りましょう。ほぐすためには触らないといけないのです。

加工されているいくらが高いのって手間賃なのかしら。

うちはカミさんが生筋子を見て若干引いていたので慣れているボクがやりました。

ポイント1・ほぐしは水道水+お塩で。湯煎は意外にほぐれにくい&固くなる

写真 2012 10 06 17 28 49

お湯でほぐすのがセオリーなのですが、なんか白くなってしまいます。お湯の熱で皮が固くなっちゃうんですね。こうなるとかなり食感が悪くなるので、注意しましょう。

写真 2012 10 06 17 32 46

ほぐしは水道水+塩で。

ポイント2・筋は優しく取る

写真 2012 10 06 17 42 30

女性を扱うように、優しく・丁寧に・根気よく筋を取りましょう。この時、いくらの粒を潰さない様に注意

すぐに水が濁ってくるので、交換しつつ筋取りを続けます。

で、皮と筋が水に浮かばなくなったら終了ですよ。

タレに漬けて一晩おきます。食べられるのは明日だよ!

写真 2012 10 06 17 49 56

いくらがタレを吸うのを待たなければならないので、食べたい日の前日に作りましょう。気をつけて!

写真 2012 10 06 18 54 40

一晩経ったらこのようにプックプクのプッチプチないくらのできあがりですよ。

ポイント3・遠慮なく盛り付けよう!

写真 2012 10 06 18 55 39

とっても簡単ないくらのしょうゆ漬け。

秋口から、スーパーに並び出します。お店で食べるより(手間はかかりますが)リーズナブルなので、やってみる価値あります。

いくらを腹いっぱい食べたいという人はぜひ、自作にチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

office Tim33代表。クラウドファンディングプロデューサー / 取材・ガジェットライター / 写真家 / 講師 / メタルドラマー
ペットボトル工場オペレーター→ライターに転職。今どちらも歴11年。
生まれも育ちも札幌で実家が沖縄の埼玉人。スペインとフィリピン、長野、広島、沖縄にルーツがあります。
CAMPFIRE公式キュレーター、とちぎファンズサポーター
趣味は格闘技観戦とラーメン巡り、調べること。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ→プロフィール

あなたにフォローして頂けると更新の励みになります!
スポンサーリンク
記事が役に立ったらお友達に教えて頂けると嬉しいです!
あなたにフォローして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました