2017年 4月 の投稿一覧

「読者のため」と言いつつユーザーファーストでない記事はどうして生まれるのか

最近思うことをつらつら書きます。

「記事は読者のために書こう。読者の方向を向いて書こう。そうなると必然的にアクセスが集まる」

おっしゃる通りだと思います。

しかし「読者のため!」のような雰囲気の記事でありながら、その記事は本当に読者にとって読みやすいモノなのか、と疑問に思うことが多々あります。

それはもしかして、ユーザーではなくGoogleを向いているのではないか。SEO対策に囚われてるのではないか?と思うんですね。

SEOを意識しすぎた結果

よくあるSEO対策として、以下が挙げられます(まだ有効かは不明)

  • 文字数を稼いで優良コンテンツと認識させる
  • 情報量を詰め込んではてブさせる(あとで読むブックマークとしてこの手は有効)
  • キーワードを散りばめてGoogleさんに認識してもらう

良い悪いではないですが、ちょっとやり方を間違えると、以下のように読者を無視したコンテンツが出来上がります。

  • 文字数が多すぎて読む気が失せる→読者は忙しい
  • 情報は多いけれど整理されてない→記事内で有効な情報を選択できない
  • キーワードを意識しすぎて言葉が繋がっていない→文章がおかしい

ちょっと残念ですよね。

メディアの目的は大きくわけて2つ

大前提の話しになりますが、「メディア」には大きくわけて2つの“目的”があります。

モノを売るためのメディア

1つ、モノを売るため。自社商品、アフィリエイト、通販など。

その際のメディアの役割は2つ。

集客する

直接的に商品に関係ないけれど、その商品を買うユーザーが楽しめるコンテンツを提供する。

直接商品を宣伝する

ECサイトや、アフィリエイトサイトがこれです。僕たちがAmazonの商品を紹介するのもこれです。

PVを稼ぐためのメディア

2つめ、PVを稼ぐ

なぜ読者の方を向かないコンテンツを量産してまで、PVを集めなければいけないか?をちょっと掘り下げてみます。

PVを集める理由はお金と、影響力。です。

お金は、

PVがあると広告が売れます。AdSenseの収入が上がります。

影響力が大きくなるとその影響力を使って、広告を取る、お金を生みます。

また、世の中に主張したいときに大きな拡声器となります。お金を追い求めて無くても、PVがあればそれが可能になります。

読者目線で書くには

戻ります。

答えのない世界ですが、ユーザーが喜ぶコンテンツを作るなら、必然的に構成や切り口、情報量を変えざる負えないと思うんです。

例えば

  • 1記事にワンテーマ。長くなりそうなら書かない。別記事で分ける。
  • 結論は最初に持ってきて、興味を持ったうえでその先を読んでもらう。(記事の種類にもよる。情報なら結論が先。)
  • 1500文字以下になるように、文章を削る。(あくまでも例です。1500はネガティブなイメージではありません。)

こんなところかしら。

自分のログのため、日記、考察、なら上記に当てはまらないことも多々ありますが、人を呼びたいなら工夫が必要です。

自分が読者の立場になったときに、「この記事は読みやすいだろうか?」「理解できるだろうか」「もう一度読み返したいだろうか?」

を考えることが不可欠です。それが真の「読者のため」ではないでしょうか。

Google対策は置いといて、本当に読者に愛される、メディアを目指していきましょう。

ここから余談ですが

なんだかんだ月間1億PVのメディアで働けたことは幸せだったなぁ。とつくづく思います。

これまでの記事のセオリーとか様式美にとらわれていなかったので、

一般的なWebライターから見ると異端でしかないと思うんですが・・・。

どんなにGoogleさんのルールが変わっても、ユーザーファーストな記事の書き方、伝え方を叩き込まれましたし、

Googleさんの意向というよりは、世の中の流れに合わせて記事の作り方をブラッシュアップしていった。という方が正解なのかも。

構成、動画、写真、リンク。そして言葉選び。

会社員時代に頂いたその宝は、今になって意識して活かせる段階に来たのかな。説明ができるようになったような気がします。

実験、実験、また実験ですね。

おしまい。

読者ファーストでのコンテンツ作りの参考になります

キャンプ初心者もギア好きもチェック!コンビニで買える「MonoMax 使える!アウトドア優秀モノ」

こんにちは!

アウトドア大好き、はしもとんの橋本(@kentaro_jp)です。

モノ系マガジンのMonoMaxが、アウトドア特集号を刊行しているので、ご紹介。まだ買えるハズ。

ほかのアウトドア雑誌との違いは、「モノに特化している」こと。

なので、アウトドア、キャンプギアが好きな人にはたまらない一冊となっています。

MonoMax特別編集 使える! アウトドア優秀モノ【綴じ込み付録:たけだバーベキューのレシピブック】 (e-MOOK)

続きを読む

悶絶しっぱなしの3時間。寿司 さいしょ で桜ブリとタラバガニと熟成肉とウニにまみれた話【動画あり】

こんにちは!

はしもとんの橋本(@kentaro_jp)です。

銀座のど真ん中にお店を構えるお寿司「寿司 さいしょ」。いわゆる「ザギンでシースー」を体験してきたのでご紹介。

さいしょさんは、「うに祭り」で界隈を騒がせているお店で、SNSを駆使して集客に繋げる現代型のお店。TVの取材を受けることもしばしば。

この日は友達の誕生会ということで、貸し切りのスペシャルコース。

「ここは寿司屋だ」と自分に言い聞かせないと、どこにいるのかわからない。

テンポよくライブ感にあふれる3時間でした!

続きを読む

フライパンで炒めるだけで激ウマポテチに!!品薄のポテトチップスを大事に食べよう!!

4月11日。日本全国に衝撃が走った。

深刻なポテト不足のため、カルビーのポテトチップスシリーズが一部販売を休止する。というニュースが駆け巡ったからです。

昨年 8 月に発生しました北海道地区での台風の影響による原料馬鈴薯不足により、弊社「ポテトチップス」の

一部商品につきまして、販売を一時休売または終売させていただくことになりました。

お客様ならびに関係各位におかれましては、大変ご迷惑をお掛けいたしますことを心からお詫び申し上げます

と共に、今後も引き続き弊社商品をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

カルビーのお知らせより引用

馬鈴薯不足に伴う「ポテトチップス商品」の影響による商品の休売及び終売に関して

※PDFファイルが開きます。

なんと。子どものころから大好きで食べていたポテトチップスが、気軽に食べられなくなるなんて。

よくよくニュースを読むと、一部の商品のサイズがなくなるけれど、完全に食べられなくなるわけではないらしい。種類を絞って安定供給する考え方だと思う。

オークションサイトで法外な値段で出品されているようなのですが、気にしないようにしましょう。

続きを読む

情報革命の時代を生き抜くために、何故「発信」が大事なのか?

春も暖かく桜も満開な土曜日。

世間一般的には、やっと暖かくなったお休みで
花見でもしながら酒をかっ喰らいたい土曜日の真っ昼間。

150人を超える勤勉な人が虎ノ門に集まりました。

そう、この日は作家・プロブロガーである立花岳志さんの数年ぶりの大型セミナー。スタッフ含めて155人?という恐ろしい会だったのでした。

今回ありがたいことに、スタッフでしかもセミナーカメラマンとして関わらせて頂きましたので、内容に軽く触れつつレポートしたいと思います。

続きを読む

眩しい。使う場所を選ばないLEDランタンがキャンプで大活躍

キャンプの必需品と言えばライト。ランタンです。国内外の様々なアウトドアグッズを扱うハイマウントさんが超コンパクトなランタンを出したとのことで、サンプルを貸していただきました。名前は「コンパクトキャンピングランタン」。そのままですね。

さっそく4月3日〜5日のキャンプで試してみたので、レビューしますよ。

一言で言うと、超使いやすい。すごい。

続きを読む

4月5日。34歳になりました

34回目?の誕生日を迎えました。そして34歳に。

去年は独立したり、旅したりランボー塾を作ったりと、大忙しの年でした。

無事に誕生日を迎えられたのも、皆さんの暖かい応援のおかげでございます。ありがとうございます。

今年は皆さんにどんどん与える年にします。しがない職業:ライター(?)みたいな感じで、何ができるかわからないですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

ひとまず4月16日に恵比寿で松阪豚BBQ 合同誕生会をやるので一緒に祝ってくれる方はぜひ。

お祝いお待ちしております!→ランボーの欲しいものリスト

ランボー怒りの2017年 半年計画(4月〜9月)。記事を速く書きたい、色んな切り口を身に着けたい人はおいで

アーチェリーで的を狙いながら失礼します。「ランボー怒りのライター塾」と言うふざけた名前の、至極真面目なオンラインサロン(塾)塾長、ランボー憲太郎です(出落ち感)。

「ランボーといえばアーチェリーだろ!」と、仕事を忘れて夢中になっています。練習のかいがあり、何発目かで真ん中に当たりました。

さて、2017年“度”が始まりましたね。僕は個人事業主なので年度はあまり関係ないかもしれないのですが、4月は始まり感が出ている月なのでなんか張り切っています。

また、僕が運営するランボー塾も半年が過ぎたので、改善も含め塾内の半年計画を黙々と作っています。塾生が6ヶ月後には堅実な実力がつくように目標を定めて設計しました。

ランボー塾の特製上、塾生は20人が限度だと考えているので、これ以上は増やさない予定です。気になる方はぜひ。

ランボー怒りのライター塾 – DMM オンラインサロンの詳細を見る

続きを読む

松阪豚丸焼きBBQにドラムライブ配信、サイトも作ります。[2017年度4月〜9月の予定]

ひとつ、松坂豚を使ったBBQイベントをやります。

ふたつ、ドラムの定期ライブ配信→生ライブ(なまらいぶとは)をやります。

みっつ、サイトを4つ?立ち上げます。

これらを4月からスタートさせ、9月までに回収。といった感じ。

2017年度は人さまを楽しませることに注力します。

続きを読む