#ブロフェス2019 のLTで話しきれず悔しい思いをした話

2019年3月24日、東京の大崎ブライトホールにて「ブロガーズフェスティバル2019」が開催されました。

オープニングセッション、その後2会場8セッション、LT大会に懇親会と、8時間に及ぶ巨大なブロガーのイベントです。いつものことながら、スタッフとして参加。

そして、今回はLT大会にも応募し、幸運にも1番手を引き当てたので、200人の前でお話ししてきました。

そもそも吃音なので200人超えの前で話せるの?なんなの?みたいなところがありましたが、突っかかりながらも時間切れになるまで話せました。6割しか話してないwww

ここまで話したっぽい

良い経験だった。で終わらせるつもりはなく、終わった後はしばし休んでたのですが、結果発表で3位にも入ってなかったことを見て、悔しさがフツフツとこみ上げてきました。

出るからには優勝を狙ってました。そして伝えたいことがありました。伝えられれば、もしかしたらランクインしてたかもしれない。

悔しい。悔しい。

会場の反応を後から聞けたのですが、熱量があったことや、伝えたい気持ちが伝わってきた。との声がかなりありました。良かった。伝わっていた。最後まで話せなくても、僕が一番意識していた「熱量を届けること」が叶っていました。

200人規模の会場でも、真ん中らへんまでは熱量が届いていたのは確認できたので、今回のチャレンジはかなり収穫がありました。

どこまで熱量を届けられるかは、今回の実験のひとつだったので。

またこんな機会を作ってお話ししますね。

今度は最後まで話すぞ。

「悔しい思い」なんて普段しないので、この感情がまだあったことにびっくり。

そして、「伝わった」「熱量を感じられた」って言葉にやたら救われる自分がいることも新しい発見でした。終わった後に、よかった、悪かった。ではなく、僕がひとつの指標としている「熱量」について声かけてくれたみなさまに感謝です。9時間の勉強会とかまじで暑苦しいので気をつけてくださいね。

沖縄で待っています。メッセージください。

怖くないよ。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
エンパワーメント
\あなたのシェアが何よりの喜びです/
あなたが愛用しているSNSではしもとんと繋がってください(^^)
はしもとん-橋本憲太郎 公式ブログ-
タイトルとURLをコピーしました