自身の喜びポイントを掘り出し才能のタネを見つけてみたんだけど、色々大変なことに【2期TLIビジネス 第3講 】

こんにちは、器用すぎるクォーター、はしもとん【Twitter Facebook お仕事】です。ちょっと何言ってるかわからないですが、言いたいだけです。

さて、(何がさてだよ)2018年9月から、2019年1月まで受講中のTLIビジネス。今回は3講のレポートです。てか折り返し地点です。やばい。後12月と1月の2回で終わりやん。早いやん。

3講はまさに折り返し地点にふさわしく、講師のたちさん曰く「どん詰まり感が好き」だそう。どSかよ!って思いましたが、まさにこれから終わりに向けて上昇する前の雰囲気なんだなーとなんとなく納得。Uの字で言うと、そこの部分。はい。

2期TLIビジネス 第3講 自身の喜びポイントを掘り出し、才能のタネを見つける

2日間はざっくりこんな内容。(順不同)

  • 喜びのタネ
  • ファミリー セッション
  • お金の真実
  • プレゼン

喜びのタネの気付きをシェアしますね。

これまでの嬉しかった、ワクワク体験から、喜びのタネを見つけるワーク

喜び。みなさん、自分が本当に喜ぶことって何かわかっているでしょうか。ラーメン食べた時、肉を食べた時、カレーと食べた時(カレーは科学的に幸せになる成分が入っていますw)などなど、色々あると思います。

このワークでは、幼少期から今までの行動+嬉しかったことを書き出し、そこから喜びポイントの共通点を探し、自分の強みや才能を見つけ出します。人間は損得勘定で行動基準を決めがちですが、そうではなく腹から喜ぶポイントを見つけ、その喜びを得られることから仕事につなげていけば幸せやん。みたいなアプローチ。腹から喜ぶ。腑に落ちるとか言うアレです。

そこで、僕が出てきたのは人が喜ぶと俺も嬉しい。でした。

これまで、ドラムをはじめ、手品をしたり、おかし作りをしたり、マッサージをしたり、取材ライターとして取材ライターを喜ばせたり、クラウドファンディングで実行者と支援者を多数喜ばせたり、嫁を喜ばせたりと、人を喜ばせるためなら手段を問わない男でした。そうなの。手段なんかどうだってよくて、人を喜ばせる=自分が喜ぶ手段を探し続けて手を出し続けてきた感じ。

これまでハマってきた、時間を割いてきたことって、一人では完結しないものが多く、今はそれがやっと仕事になり始めたよね。って感じあります。

そう、俺は人様を喜ばせるためなら手段を選ばない野郎なのだ。

これまでの人生は、人を喜ばせるための手段を探す旅なのだ。深く広く。もっと深堀しよう。そうしよう。

って思ってたら「ひとりで完結する喜び」って何だろう?と疑問が

でですよ、喜ばせることが俺の喜び。って納得してたら、出てきました。「対象者がいなくても喜ぶやつが必ずあるはずだ」わお。

人様を喜ばせることで自分が喜ぶことは、引き続き極めていけばいいんだけど、ひとりで完結する好きなこと、喜びを感じることって何だろう?と考える必要があるなって感じたのね。今この時点でぼんやりしか思いついてないけど、ライブ感満載で書き出してみるね。何が出てくるんだろうまじドキドキ。

けんたろう
まじドキドキまじ
塾生
おっさんがドキドキしてるなよ

ゲーム。バイオハザードとか、格闘ゲームとか大好き。格闘ゲームは対戦も好きだけど、CPU相手でも好き。強くなるのが好き。バイオハザードとか、ギャラリーいなくてもひとりで楽しめるし、恐怖を乗り越える達成感好き(大げさw)

読書。知識を増やしたり、物語を楽しんだりするのが大好き。読むだけでOK。

キャンプ、焚き火、ひとり飯。SNSに軽くアップするくらいで、その知識や経験をシェアしようとかまったく思わない。個人完結。特に焚き火は、家族と楽しさとか時間を共有することはあるけれど、自分が楽しいから勝手にやってる。ひとりでも楽しい。

湖。眺めてるだけで好き。

神社。参拝するだけで好き。

温泉。浸かるだけで好き。ひとりでもいく。

………………なにこれ。

これら、ひとり完結に共通していることって、基本的にブログに書かないし、SNSでもそんなシェアしないってことなんだよね。誰かにわかってもらおうとか一切しないし、知識や経験を体系的にまとめて誰かのやくに立てようとか一切思わないのwwwwそれで言うと、旅行とかドライブもそうだ。完全に自己完結だ。やばい。

これって、内省とか着想的な感じなんだろうなぁと思うんだけど、ひとり完結している趣味、喜ぶことって、見事に発信しないので、本当の意味で自己完結しているんだなぁ。と納得。極端すぎるぞ。俺。

これらは発信しなくても別に満足しちゃうので、お金になりようもないな。って思うけれど、そこを打破してきたのが俺なので、ちょっと視点を変えて色々考えてみましょうかね。

終わり。また気付きがあったら、シェアします。

コチラもどうぞ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
はしもとんの覚え書き
\あなたのシェアが何よりの喜びです/
あなたが愛用しているSNSではしもとんと繋がってください(^^)
はしもとん -橋本憲太郎 公式ブログ-