MacBookかMacBook Proどっちにしようか迷っている方へ実例を紹介しながら教えるよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2008年からMac使っています橋本です。当時買ったのはMacBook Pro15インチの整備済み品でした。GPU付きだったので、30万円弱・・・・。あ、壊れているけれど保持していますよ。

はい、WWDCが開催され、たっくさんハードウェアが発表されましたね!発表時間は全部で2時間半。え?マジ。

これまで1時間半とかであっさり終わって「ワンモアシング」も無いんじゃねぇか。なんてガッカリされた年の事を考えるとヤバイ回でしたね。

寝てたんだけどね。

本題です。

(ある意味予想通りに)MacBook12インチと、MacBook Proがアップデートされました。メインのアップデート要素はCPU!コンピューターの頭脳ですね。速けれは処理能力が高いし、遅ければ処理に時間がかかります。

この機会に、新しいMacBookにしようかな?と思っている人も多いと思います。そこで、疑問、気になることは1つ。

MacBook12とMacBook Pro13、どちらにしようかな?

ですよね。(15インチを選ぶ人は迷ってないと思うので、ここでは除外)

MacBook12インチにしようかな?って思っている人の気持ちは、こうです。(断言)

「わたしの作業、MacBook12インチでも出来るかしら!?大丈夫・・・かな?」です。

こればっかりは使ってみなければ分からないのですが、作業によっては事前に判断できることは多いです。

そこで。

2016年春に発売されたMacBook12インチと、同じく2016年秋に発売されたMacBook Pro13インチ、両方使ったボクが作業別にどちらが良いか(良かったか)を解説します。

実際にどちらも半年以上使ってみた感想なので、参考にしていただけると幸いです。

MacBookをチェック – Apple(日本)
MacBook Proをチェック – Apple(日本)

ボクが実際に使っている用途は「執筆」「写真補正」「動画編集」

ボクの使い方を示しておきましょう。

職業、ライター。ブロガー。カメラマン。動画編集。

一眼レフを片手に取材に行き、写真を撮り気記事を書きます。
動画撮影のため沖縄や香港に行き、動画を作成しました。

インターネッツが大好きなので、Webを見たりFacebookを見たりも多数(FacebookもWebですねそうですね)。動画はたまにしか見ません。映画もPCでは見ないかな?

移動しながら仕事をすることが多いので、ノートPCを好みます。

2016年は独立始めの年で、独立前に滑り込みでMacBook12インチを購入。メインマシンもこのMacBook12インチで、秋まで上記のような使いかたをしていました。

では、「執筆」「写真」「動画」この3つの点から解説していきます。

MacBook、MacBook Pro13インチどっち?

文章を売っている人はPro、調整メインの人はMacBook

執筆メインの人はマシンパワーを使いサクサク書こう

「文章を売っている人はPro」って表現、あまり好きじゃないですが。

ライター、ブロガーもそうですが、文章を書く事が仕事の人はMacBook Proで決まりです。

理由は、Webで調べものをしたり、リンクを貼ったり、写真アプリなど、複数の画面を開きながら文章を書くケースが多いからです。

ブラウザは意外とマシンパワーを使います。非力なマシンだともっさりすることもしばしば。

ブラウザやその他アプリを開きながらテキストを打つ際、もっさりだと非常にストレスですよね。なので、文章を多く書く人はパワーがあるProが良いんです。

(現に文章を書くメインの人でもiMacを使っている人はたくさん居ます。そしてスペックを上げている。それは文章を書く際のストレスを出来るだけ減らしたいからです)

例外があり、執筆メインの方でもインプットは事前に終わらせていて、執筆時は自分の内側からの言葉だけで書く人はMacBookでも問題ありません。小説家とかそうなのかしら。わかんないけど。

テキスト中心でも連絡・調整メインの人はMacBookでOK

一方、MacBookでも問題無い方は、テキスト中心の使い方でも連絡や報告、相談、調整がメインの方です。

1日中PCでテキストを打っているわけではなく、なんならiPhoneだけでも仕事が済んじゃう方。

ボクの知り合いでは、経営者の方が多いのかな?

ChatWorkやLINE、メールなどをメインで使う方。文章をガッツリ打ち込まない方ですね。

こんな人はMacBookでも問題ありません。

一眼レフで写真を撮る人はPro、扱う写真の量が少ない人はMacBook


△調整はマシンパワーを使う

次に写真の話です。

写真を補正したり、大量の写真を処理するならProです。

ボクはカメラマンの仕事もするので、一回のイベントで1,000枚近くの写真を撮ることも珍しくありません。この枚数の処理はMacBookではムリです。ハッキリいいます。ムリです。

Mac標準搭載の「写真アプリ」は便利で、写真の補正処理ができます。明るくしたり、暗くしたり、サイズを加工したり。

ボクはRAW画像で撮るのですが、写真の容量が大きすぎて、処理が追いつきませんでした。これってかなりストレスになるんですよね・・・。

iPhoneで撮った写真を軽く補正する、ブログで撮った写真を5枚〜10枚補正する。なら、出来なくもないですが写真の枚数が増えた段階で恐ろしいほどの時間をムダにします。

扱う写真の枚数が多い方はMacBook Proにしましょう。時間がかなり節約できます。

動画作成をするならPro。やらないならMacBook

こちらの動画編集はMacBook12インチで行いました。

やってやれないことはないけれど、とんでもなく時間がかかる。が結論です。

動画編集は「できなくもない」レベルです。かなり遅いですが、編集自体はできます。やれます。やりました。

問題は書き出しです。マシンパワーを使うのはどの分野でも変更ではなく書き出しです。新しいモノを生み出すときにマシンパワーを使います。

3分ほどの動画を作っていたのですが、確認のために書き出すじゃないですか。すると書き出し開始してから1時間は他の作業が出来ません。マジです。

マシンパワーのリソースを動画書き出しに全軍投下しているので、ほかのことが一切出来ないのです。

ボクは書き出し開始したあとは、子どもたちと公園に遊びに行きました。まぁ、帰ってきても終わってなかったんですけどね。

動画は鬼門です。マジ鬼門マジ。

まとめ:調整で使うならMacBook、クリエイター部隊ならMacBook Proだ

以上、1年で2台のMacBookを買ったボクの主張でした。

ボクは上記の理由から、MacBookではスペック的に耐えられなく、2016年MacBook Pro13インチに買い替えたのです。

もちろん、家にメインマシンがあり、外で使う際は圧倒的な持ち運びやすさと軽さをバリューに置いている人はMacBookが最高です。マジです。

MacBook Proの古いマシン使っているけれど、どっちが良いかな〜〜?と悩んでいる方は、自分の用途を考え、上記を参考にしてみてください。

また、どちらにしようか悩んでいるお友達が居たら、上記の内容を参考に教えてあげてくださいね。

MacBookをチェック – Apple(日本)
MacBook Proをチェック – Apple(日本)

iPad Proはどうなの?という人はこの方の記事もオススメ
2017年6月 新型 Macbook と iPad Pro をポチった!そしてマックブックはキャンセルしたぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

イイね!で更新情報が届きます。