やるべきことに集中したいなら、死を意識しなさい

やるべきことに集中したいなら、死を意識しなさい

去年、こんなエントリーを書きました。

「余命半年でやりたいこと」が本当の「やりたいこと」。マンガでわかる 非常識な成功法則 著:神田 昌典 | はしもとんの伝え方

やるべきことに集中できない、気が散ってしまう、なにを優先して良いかわからない。

これだけ情報に溢れ、面白そうなことはそこら中に転がっています。そして、いろんな誘惑もあります。それは仕事でも生活でも同様です。

そこでやらなくても良いことを選択して時間=命を消費している場合ではありません。

そんなことを頭ではわかっていても、日々忙しい日常にまみれるとすっかり忘れてしまいます。そこで、有効なのが死を意識することです。

やるべきことに集中したいなら、死を意識しなさい

明日死んだら後悔しないか?

ボクは後悔します。

間違いなく、天国でわんわん泣いているでしょう。申し訳ない、申し訳ない、やるべきこと全然出来なかった。って。

これまで120歳まで生きること前提で生きてきたので、全然甘いんです。1日の使い方がぜんぜんダメ。もったいなさ過ぎる。もっとできるはず。って思います。

視点を変えると、「これまでの結果は現時点の精一杯の姿である。」との考え方があります。結果として想定以上のことが起こっていないなら、それがあなたの現時点での精一杯だよ。全力だよ。

なので、「もっとできる」とか「まだ本気出していない」、などの話しではなく、いま死んだら後悔するから、いま、この瞬間に集中して全力を尽くす。そんな感じ。

時間=命

時間は命です。時間を無駄にするとは、命を無駄にしているのと同じです。

それ、命を削ってやるべきことなんですか?って常に頭に入れておくんです。明日死ぬかもしれないのに、ミスドで100円ドーナツもらう為に1時間も並んでらんないじゃないですか。

人は売ってない時間を買うために、お金を出します。電車にのったり、新幹線に乗ったり、飛行機に乗ったり、炊飯器を買ったり、食洗機を買ったり。これらは全部時間を買っています。

そうやって人類は知恵を結集して時間を手に入れ、その時間を自分の目的達成のために使うんです。

イオンで最大2万円、最低500円ぽっちの商品券をもらうために一回分の抽選券をもって行列に並んでいる場合じゃないじゃないですか。その間に何本記事書けるってよ。その間に子どもたちとモノポリー1回できるじゃん。ってよ。

なんでもかんでも効率化しなさいって話しではなくて、死を意識するために取捨選択しなさいって話しなんですよね。

ドーナツに並ぶのが、100円得する為ではなく、祭りに参加している感を味わうためだったり、記事や動画にしてアウトプットするなら全然良いと思うんですよ。でも、ちょっと得するから、なんて理由で命を削るのは違うと思うんだよね。結局得はしていないですし。

余命1年しかないのに、1時間もドーナツ並ばないでしょ?勿体無いでしょう?

余命1年ならなにをすべきか?

先の記事では余命半年と言いましたが、半年じゃ芽が出る気がしないので余命1年と、少し考え方に余裕を持ちました。全然余裕じゃないけどな

で、やっぱり死を意識すると、マジで余計なことしている場合じゃないんですよ。時間無いじゃん。さっきから言っているけど。

だから、不得意なこととか苦手なこととか、うまくできないことをやっている場合じゃなくて、得意なこと・好きなことににフォーカスし続けないといけないんです。

ちょっと、自分を俯瞰して見てみましょう。あなたは、あなたのマネージャーです。余命1年しかないあなた使って、最大限の結果を出してください。

苦手なことやらせないよね?

走るの苦手なのに「よし、箱根駅伝で人々を感動させよう。成功すれば大勢の人に感動を与えられる」って判断しないですよね。はい、マネージャー失格。

得意、強み、好きなこと、夢中になれること、その上で社会に貢献できることを探すじゃないですか。

いまだに好きなことでは人の役に立たないみたいな事を言っている人がいますけど、この時代仕事なんて無限に作れるんだから、いろんな視点でそいつの特技や好きなことを組み合わせて、価値を提供すればいいんだよ。って強く思う。

社会的なインフラだけを提供していくのが仕事な時代は終わり。結局のところ仕事は社会の問題解決なんだから。

得意なことをしよう。好きなことをしよう。そして、人様に役立つことをしよう。

死を意識+ミッションでやらないことが決まる

はい出ました。「やらないこと」の話しです。

死を意識します。そして、自分がすべきことのミッションを掲げます。すると、ほかのことしなくて済むんですよ。

だって時間ないし、自分に持てる時間で最大の結果を出さなければいけないし。

好きじゃないけどできそう。

なんか流行ってるし儲かりそう。

あの有名な人がコレがイイって言ったからやろう。

あの人がやってるからやろう。

楽してお金になりそうだからやろう。

どう?後悔しない?

ボクのミッションはコレです。毎日読み上げよう。そして、今日の活動がミッションに沿っているか自問自答しよう。

健康なうちに考えたい生死観

まだ34歳のひよっこで、人生の1/4 くらいしか生きてないです。まだ死にたくありません。もっと人生を楽しみたい。

「死を意識する」なんて、大げさだなと思っていました。現にボクは今のところなにも問題なく、生きています。

でも、いつなにがあるかわからないし、後悔はしたくない。

はしもとんのサービスはこちら

はしもとんってどんな人? プロフィールをみる→橋本憲太郎のプロフィール

自分をパワーアップさせて人生を豊かに生きたい方はこちら→ライフシフトパートナーシップ

クラウドファンディングの相談はこちら→クラウドファンディング 成功法?1300万円集めたコンサルがあなたに伴走します

はしもとんの覚え書きカテゴリの最新記事