【恵比寿 BBQ610×松阪豚】肉のプロが最高の豚を焼くとこうなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

松阪豚のプロモーションというか、いろいろお手伝いさせて頂いている橋本です。

松阪豚食べたい!!って人は言って下さい。発注するので。

はい。恵比寿にある知る人ぞ知るBBQの最高峰のお店「BBQ610(バーベキュー武藤)」さんで、松阪豚を持ち込み焼いてもらいました!!

【BBQ610×松阪豚】肉のプロに最高の豚を焼いてもらったら美味しすぎて世界が平和になると思う

合同誕生会で自ら肉を持ち込む会

肩ロース。

これとか

希少部位トモサンカクとか

 

BBQの王様!スペアリブとか。

わたくしが本日持ち込んだ肉の量。ちょっとやりすぎたかもしれない。

上ロース

肩ロース

スペアリブ

ホルモン

トモサンカク

シンタマ

スーツケースが必要な日。

肉の運び屋 #松阪豚誕生月パーティ

橋本 憲太郎さん(@kentaro_jp)がシェアした投稿 –

恵比寿 BBQ610

こちらがBBQ610!基本予約制で、フラッと立ち寄れないお店。恵比寿駅から徒歩8分くらいです。

宴が・・・始まる。

こちら店主の武藤さん。肉の達人と界隈では超有名人。武藤さんが出すお肉のことをムト肉と呼ばれています。概念じゃん。すごい。

 

肉がキレイに分けられました。宴が・・・(今度こそ)始まる。

※平日昼間です

 

ワイン×松阪豚

BBQ610さんは、基本持ち込みOK。ボクのようにお肉を持ち込んだり、日本ワインを持ち込んだり。

写真背景に写っている冷蔵庫から飲み放題です。

ビール、ワイン、日本酒、炭酸水(Perrier、WILKINSON)など多数あり、そこから自由に入れて飲むセルフサービスなスタイル。自分たちである程度動き回るのもBBQの醍醐味なんですよね。

 

実際注文するより早く好きなものを飲めるし、注ぎ合ったりできたので良いコミュニケーションになりました。

 

 

肩ロースが立ってる。

松阪豚を見て思わず笑みが溢れる武藤さん。

圧倒的。これが豚肉なんだぜ。

別の肉を仕込み始めます。

スペアリブだ!

思わず撮影会。

撮りやすい位置に肉を置いてくれている。

 

調理の合間にはお肉の説明も入る。肉のプロによる解説はありがたい。

自分で調理する人は質問を投げかけたり。相互なコミュニケーションがいいね。

野菜焼き。

 

 

超希少部位トモサンカクです!!

豚1頭に対し約400gしかとれないんですよ〜〜

美味しく焼いてもらって幸せそう。(以前橋本は塩だけで焼きました)

(ピント合ってないけど)わさび!!!

 

 

こう。

武藤さんの動きに1つ1つに視線が集まります。

スペアリブの仕上げに。

!!

 

絶対うまいやつだ〜〜!

別角度でも。

みんな美味しそうな表情がステキ。

「こんな柔らかいスペアリブ初めて食べた」

ローストポークが来ました。

取ります取ります。

〆はブロックロースの

オンザカレーです!!さすがに皆さんお腹いっぱいになってました。

ごちそうさまでした。

最後に武藤さんと今回合同で誕生会をやったもう一人の主役、Shinya Bさんと記念撮影。すっかりファンになりました!

BBQのプロと松阪豚の共演

松阪豚は一年前くらいから関わっていて、個人的にBBQで出したり、ホームパーティで振る舞ったことはあったのですが、

肉のプロに焼いてもらったのは初めての体験でした。

武藤さん曰く、「初めて知ったけどとっても面白い豚。かなり美味しい」と絶賛頂きました。

松阪豚は今回かなり多く持ち込んだので、他のお客さんにも使ってもらいましたよ!

(後日別のお店の席で、この翌日に松阪豚を頂いた人に偶然お会いして世間って狭い)

※興奮しすぎて最初に出てきたホルモンの写真を撮り忘れました。あとで写真ください:D

BBQ 610 – ホーム

松阪豚専門店 まつぶた|希少豚 山越畜産の松阪豚専門店オフィシャルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

乗り換えで毎月の通信料をおトクに!

イイね!で更新情報が届きます。