Slide 1
Hashimoton entertainment laboratory
はしもとんエンタメ研究室

私たちは、発信したいコト・モノを
様々なエンタメの形で楽しくアウトプットする研究室です。

Slide 2
MISSION
橋本が応援したいすべての人を喜ばせる

発信したい!あなたの熱い想いを
「橋本」のフィルターを通して発信します

Slide 3
メイン研究テーマその1
クラウドファンディング

65件、9,000万円以上の支援を集めた、
失敗しないためのノウハウを共有しています。

Slide 3
メイン研究テーマその2
ライティング

届けたい熱い想いを「はしもとん」のフィルターを通して適切な場所に適切な形で届けます。得意分野はインタビューとガジェット。

previous arrow
next arrow
読書感想文

「できる人のお金の増やし方」に、本を買う前からルールを守れるか試された話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PAK73_kaigainookane20140531_TP_V

リチャード・テンプラーが書いた「Rules」シリーズ。できる人の自分を超える方法や、上手な愛し方など、人生における原理原則を学べるシリーズ。全世界 50カ国で翻訳されシリーズは170万部のベストセラーだ。

今日、フラッと本屋に立ち寄ったら、ひと際目立つ黄色い本があった。

Rulesシリーズの最新刊「できる人のお金の増やし方」をだった。好きなシリーズなので、迷わず手に取り、目次をパラパラ眺めていたら・・・。

Rulesシリーズ最新刊「できる人のお金の増やし方」に、本を買う前からルールを守れるか試された話

最近、構成を確認するために目次をざっと眺めるクセをつけている。
本の構成を学ぶという意味もあるし、ビジネス書、自己啓発書は目次見れば何が書いてあるか大体わかる。なので、目次を見ることは本を知るために最初から読み進めるより、遥かに時間短縮になる。

ちょっと話しがそれるが、読んだ分だけ筆者にお金が入る仕組みの「Kindle unlimited」の時代になった今、タイトルと導入分だけではなく、最後まで読まれる構成作りこそが重要視される。

というわけで、目次をザーーーっと眺め、いま自分に必要かを確認していた。すると、思わず目にとまった一文が。

ルール:衝動買いは一週間待つ。

・・・?えーっと。

いまこの本買ったら、いきなりルール破ることになるじゃん。

この本、いま見つけた。これを買うと、衝動買い。

・・・ルール、、、、、、守るか。

ということで、その場でKindleの有無を確認し、サンプルを送信。一週間過ぎても「読みたいな」と思ったら買うことに決めた。

まだ購入していない、お金のルールの本。早くもルールのひとつが守れそうで、手堅いスタートを切れたと満足している。

一週間たったら、もしくは事前にこの本の存在を知っていた人は下記のリンクから購入をどうぞ。

こちらもオススメ。たった今から実践できることが書いてあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket