フィンランド

フィンランド ヘルシンキ発祥のスタートアップの祭典「SlushTokyo」に行ってきた

メタルファンの聖地である、フィンランド。異論は認めない。

そんなメタル魂が感じられる気がする「Slush Tokyo」に行ってきました。取材だぜ。うぉううぉううぉぅ!!

そこそこ真面目に書いた他媒体の記事はコチラ→Slush Tokyo 2017 音楽ライブのような熱気にあふれるスタートアップイベントレポ | Techable(テッカブル)

というわけで、記事で載せきれなかった会場の雰囲気など、どうぞ。


何度も英語で話しかけられたランボーの自撮り図。(会場の公用語は“英語”です)

パスの社名をウチの屋号で打ってくれたので、そのまま入場。なんかうれしいね。


会場の様子。広い。

東7ホール。世界の果てと同義語です。


タチコマさんがいますた。

SlushTokyoのCEOはイケメンなCEO。天は二物を与えたんですね。

こちらのメインステージでは、常に誰かがプレゼンをしたり、対談してたりしました。

参加企業一覧。

とうもろこしで作ったペットボトル。

元ペットボトル工場出身の僕として超アツい案件。

実際に触ってみましたが、通常のPET樹脂とほぼ変わりませんでした。


メインはスケボーの下にあるクローラーで、防水でありどんな悪路も使えるとのこと。新潟出身で、デモ映像では雪の中を走行しているのが印象的でした。もちろん公道は走れませんが、悪路OKなら私有地でも遊べる場所がたくさんあるんじゃないか………。

日々の自撮り訓練のたまもの。

………スッ

自撮りが仕事に役立った瞬間。

会場には至る所にスモーク発生機が置いてありました。

お昼は全く関係ない場所でヒレカツカレーを食べたよ。


無礼講ランチ。敬語使ったらアウトなイベント。これ、弊社でも導入しよう。(弊社って言いたいだけ)

無礼講ランチ。最後の会に滑り込む。

これは面白かったので、ぜひ会議に取り入れてもらうといいですね。

入場時にもらえるリストバンドをデザインした男と。(友達)


厚切りジェイソン先生とSlushTokyoのロゴ。

国際展示場から東京駅に行くバス。銀座を通ります。帰りはこのバスで40分ほどかけて銀座に向かいました。

最近、東京で普段の乗らない乗り物にのっていますね。楽しい。

[憲]全ての親に聞いてほしい。子供のためって何?神戸大学名誉教授 広木克行先生講演レポート

IMG 0997

@kentaro_jpです。

昨今、崩壊状況にある学校も少なくない。

いじめ、不登校、体罰。

ここ10年で子供たちは大きく変わった。

子供たちの変化とはいったい何なのか?

その原因は?

そんな子供たちに自分たちが出来る事は?

1月26日、埼玉県鴻巣市 ひかり幼稚園にて、神戸大学名誉教授 広木克行先生による
「子供のためって何?」と題された講演会で学んできたので、出来るだけわかりやすくご紹介します。

1、子供たちの変化とは環境の変化の現れである。

2、子供たちのシグナル、逆の落差、自分とのコミュニケーション。

3、国連から日本政府への勧告。ヨーロッパと日本の教育の違い。

4、教育が変えられないなら何をすべきか。子供に必要な3つの育ち。 続きを読む