「はしもとん」は人生を変えたブログ「憲.com」を吸収し完全体になりました

110記事→660記事!!!!ヒャッハー!!!

まぁ、タイトルは煽りですが。

2012年6月から2016年5月までの4年間で550記事くらい書き、累計PVが105万PVくらいホソボソと稼いでいたブログ「憲.com」が、このたびこのブログ「はしもとんの伝え方」の統合されました。

なんだよ、ブログの引っ越しって超簡単なんじゃん・・・。なんだよ。

続きを読む

Just Coffee 車で移動する人に嬉しい 電源・Wi-Fi・駐車場完備なカフェ[さいたま新都心]

さいたま新都心駅から徒歩15分、新都心ICから車で5分もかからない、カフェ「Just Coffee(ジャストコーヒー)」の紹介です。

車で移動している人にはとても立ち寄りやすい、電源・Wi-Fi付きの過ごしやすいカフェ。また、室内が明るい空間で統一されていて、インスタに投稿しがいがあるスポットでもあります。

今回、JustCoffeeを運営している一凛珈琲さんにご招待頂いたのでレポートします。

続きを読む

「Wordで入稿オナシャス」と言われた際の爆速手順を明らかにするぜ

フリーライターをやっていると、必ず直面するのが入稿方法の指示

テキストエディットでくれ、WordPressに直接書き込み(超楽ちん)、ワードでください。

いろいろあります。

普段からWordPressで記事を書くことに慣れている人は、ワードに文章と写真を貼り付けるのは割りと面倒だったりします。

速度が、、、、速度が出ない!!

そんな悩める人にオススメの手順をお知らせします。マジでこの方法だと楽ちんだよ。

答えは、WordPressで作成したプレビュー画面をコピペして完了!です。

続きを読む

戦略的クラウドファンディング。プロジェクトを成功させるための8つの考え方

桜の写真

こんにちは。クラファン道場(仮)の橋本 憲太郎です。みんなからはランボーと呼ばれています。

先日、5月1日に公開したプロジェクトが5月5日にサクセス(資金集め達成)いたしました!
うどんアーティストをNYに送り込め【讃岐うどん職人の伝統技は世界に通じるのか】 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

クラファンに挑戦したのは、小野ウどんさん。クラファンでプロジェクトを立ち上げるのは初めてです。

僕は、クラファンに挑戦するかどうか?という曖昧なところから相談に乗らせて頂き、クラファンプラットフォームの方へ紹介、プロジェクト作成、公開まで関わらせて頂きました。プロジェクトはまだ約2ヶ月期間があるので、継続的にフォローをさせて頂きます。

今回早い段階で100%に達成したのは、事前に立てていた作戦がかっちりハマったからです。良い機会なので、流れと効いた作戦、反省点などをまとめておきます。

これからクラウドファンディングをやろうとする人の役に立てば幸いです。

続きを読む

道の駅 ろまんちっく村 に行ったら レモン牛乳ソフトを食べよう

道の駅ろまんちっく村レモン牛乳ソフトクリーム

宇都宮にある巨大道の駅「ろまんちっく村」。

プールも温泉もあるこの施設、見どころ・過ごし方は沢山あるんですが、今回はこの「レモン牛乳ソフト」をご紹介。

他じゃ食べられない、超さっぱりした味。

てかソフトクリームって牛乳が標準じゃないですか、なので「レモン牛乳」自体は異端だけど、

ソフトクリームになった瞬間、付加価値が「あれ?レモンだけじゃない?」と思う謎のソフトクリーム。

しかし、味はしっかりレモン牛乳なのが不思議な感じ。

マップは以下、※PDFファイルが開きます

area_map3

インスタで上げたところ、イイねが多くてビックリした。

レモン牛乳ソフト #レモン #宇都宮 #栃木 #ろまんちっく村

橋本 憲太郎さん(@kentaro_jp)がシェアした投稿 –

ネコよりイイね多いってどういうことなんだろうか。

GW中は鬼のように混むようなので、皆さん早めの到着を心がけましょう。

クラウドファンディング「うどんアーティスト 白麺士 小野ウどんをNYへ送りこめ!」がスタートしました

僕がお手伝いさせて頂いているクラウドファンディング案件がスタートしました。

プロジェクトの主は、讃岐うどんの伝統を継承した男で、名は『小野 ウどん』。

名前までうどんにしちゃった本気の人です。

何それ意味わかんない!!と気になってくれた方は、ぜひプロジェクトの本文をチェックしてください。かなり真面目に讃岐うどんの未来について語っています。

応援よろしくお願いします!

うどんアーティストをNYに送り込め【讃岐うどん職人の伝統技は世界に通じるのか】 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

「読者のため」と言いつつユーザーファーストでない記事はどうして生まれるのか

最近思うことをつらつら書きます。

「記事は読者のために書こう。読者の方向を向いて書こう。そうなると必然的にアクセスが集まる」

おっしゃる通りだと思います。

しかし「読者のため!」のような雰囲気の記事でありながら、その記事は本当に読者にとって読みやすいモノなのか、と疑問に思うことが多々あります。

それはもしかして、ユーザーではなくGoogleを向いているのではないか。SEO対策に囚われてるのではないか?と思うんですね。

SEOを意識しすぎた結果

よくあるSEO対策として、以下が挙げられます(まだ有効かは不明)

  • 文字数を稼いで優良コンテンツと認識させる
  • 情報量を詰め込んではてブさせる(あとで読むブックマークとしてこの手は有効)
  • キーワードを散りばめてGoogleさんに認識してもらう

良い悪いではないですが、ちょっとやり方を間違えると、以下のように読者を無視したコンテンツが出来上がります。

  • 文字数が多すぎて読む気が失せる→読者は忙しい
  • 情報は多いけれど整理されてない→記事内で有効な情報を選択できない
  • キーワードを意識しすぎて言葉が繋がっていない→文章がおかしい

ちょっと残念ですよね。

メディアの目的は大きくわけて2つ

大前提の話しになりますが、「メディア」には大きくわけて2つの“目的”があります。

モノを売るためのメディア

1つ、モノを売るため。自社商品、アフィリエイト、通販など。

その際のメディアの役割は2つ。

集客する

直接的に商品に関係ないけれど、その商品を買うユーザーが楽しめるコンテンツを提供する。

直接商品を宣伝する

ECサイトや、アフィリエイトサイトがこれです。僕たちがAmazonの商品を紹介するのもこれです。

PVを稼ぐためのメディア

2つめ、PVを稼ぐ

なぜ読者の方を向かないコンテンツを量産してまで、PVを集めなければいけないか?をちょっと掘り下げてみます。

PVを集める理由はお金と、影響力。です。

お金は、

PVがあると広告が売れます。AdSenseの収入が上がります。

影響力が大きくなるとその影響力を使って、広告を取る、お金を生みます。

また、世の中に主張したいときに大きな拡声器となります。お金を追い求めて無くても、PVがあればそれが可能になります。

読者目線で書くには

戻ります。

答えのない世界ですが、ユーザーが喜ぶコンテンツを作るなら、必然的に構成や切り口、情報量を変えざる負えないと思うんです。

例えば

  • 1記事にワンテーマ。長くなりそうなら書かない。別記事で分ける。
  • 結論は最初に持ってきて、興味を持ったうえでその先を読んでもらう。(記事の種類にもよる。情報なら結論が先。)
  • 1500文字以下になるように、文章を削る。(あくまでも例です。1500はネガティブなイメージではありません。)

こんなところかしら。

自分のログのため、日記、考察、なら上記に当てはまらないことも多々ありますが、人を呼びたいなら工夫が必要です。

自分が読者の立場になったときに、「この記事は読みやすいだろうか?」「理解できるだろうか」「もう一度読み返したいだろうか?」

を考えることが不可欠です。それが真の「読者のため」ではないでしょうか。

Google対策は置いといて、本当に読者に愛される、メディアを目指していきましょう。

ここから余談ですが

なんだかんだ月間1億PVのメディアで働けたことは幸せだったなぁ。とつくづく思います。

これまでの記事のセオリーとか様式美にとらわれていなかったので、

一般的なWebライターから見ると異端でしかないと思うんですが・・・。

どんなにGoogleさんのルールが変わっても、ユーザーファーストな記事の書き方、伝え方を叩き込まれましたし、

Googleさんの意向というよりは、世の中の流れに合わせて記事の作り方をブラッシュアップしていった。という方が正解なのかも。

構成、動画、写真、リンク。そして言葉選び。

会社員時代に頂いたその宝は、今になって意識して活かせる段階に来たのかな。説明ができるようになったような気がします。

実験、実験、また実験ですね。

おしまい。

読者ファーストでのコンテンツ作りの参考になります

キャンプ初心者もギア好きもチェック!コンビニで買える「MonoMax 使える!アウトドア優秀モノ」

こんにちは!

アウトドア大好き、はしもとんの橋本(@kentaro_jp)です。

モノ系マガジンのMonoMaxが、アウトドア特集号を刊行しているので、ご紹介。まだ買えるハズ。

ほかのアウトドア雑誌との違いは、「モノに特化している」こと。

なので、アウトドア、キャンプギアが好きな人にはたまらない一冊となっています。

MonoMax特別編集 使える! アウトドア優秀モノ【綴じ込み付録:たけだバーベキューのレシピブック】 (e-MOOK)

続きを読む