インドアを楽しむブロガー/ライターの生活アレコレ

お金と経営の勉強に!モノポリーを家族でやってみました

この記事は約2分で読めます。
[PR]記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります

モノポリーが面白いです。

スポンサーリンク

モノポリーはマジで奥深いです。自営の人はオススメ

正月は仕事を忘れて、子どもたちと思い切り遊ぶことに。そうです。モノポリーです。

△サンタさんからもらったので、コレかどうかわからないですが、多分これ。

街、家やホテルを買い、インフラ(電気や水道、鉄道)も買って自分の街を作り、資産を増やしていくゲーム。最終的にほかのプレイヤーが破産し、最後に1人になると勝利です。

……エグい!!でもそれが面白いんです。

さすが正月。時間がたっぷりあったので、最後のひとりになるまで遊びました。クリスマスにうちに来てからこれまで3回ほど遊びましたが、初のサバイバル戦です。

………。

……。

…。

はい、おとなげなく勝ちました。ごめんなさい。

キャッシュが大事だから、現金持っとけって言ったんですけどねぇ。くくく。(鬼)

面白いのが、現金がなくなっても土地や鉄道を抵当に入れて(家は売却だけど)、現金を銀行から借りられるんですよね。なので、その借金で新たな土地を買ったり家を買ったりして、さらなるチャンスを掴めるんです。

日本では借金は悪と言われていますが、さすがアメリカのボードゲーム。正しい借金もあることを身をもって知れます。ほら、じゃないとSoftBankは利益もたくさんだしてますが、普通の企業が借金できないくらいの借金しているじゃないですか。悪じゃないじゃないですか。

これ、子どものころからやっとくべきって感じが超しました。ボク大人だけど、すごく勉強になります。

  • リターンの見込みがあるところに投資する
  • 1箇所にある程度投資をするとリターンが大きい
  • いかに相手が喜ぶ条件で交渉するかが勝負
  • キャッシュが無くなったら終わり

みたいな感じかしら。

まだまだ子どもたちは強くなりそうです。楽しみ。クリスマス、実家で人生ゲームをやりましたが、子どもたちもモノポリーの方が気に入っているようでした。

この記事を書いた人

office Tim33代表。クラウドファンディングプロデューサー / 取材・ガジェットライター / 写真家 / 講師 / メタルドラマー
ペットボトル工場オペレーター→ライターに転職。今どちらも歴11年。
生まれも育ちも札幌で実家が沖縄の埼玉人。スペインとフィリピン、長野、広島、沖縄にルーツがあります。
CAMPFIRE公式キュレーター、とちぎファンズサポーター
趣味は格闘技観戦とラーメン巡り、調べること。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ→プロフィール

あなたにフォローして頂けると更新の励みになります!
スポンサーリンク
記事が役に立ったらお友達に教えて頂けると嬉しいです!
あなたにフォローして頂けると更新の励みになります!
hashimoton.net / 橋本憲太郎公式ブログ

タイトルとURLをコピーしました