書評

堀江貴文氏の「99%の会社はいらない」。過激なタイトルの裏で伝えたい、新しい働き方[書評]

horiemon - 1

もし、会社を経営者している方だったら、このタイトルにイラッとしたのではないでしょうか?。

99%の会社はいらない

よくわからないけれど、モヤモヤする言葉ですよね。しかも著者はあの「堀江貴文氏」ですし。

「どうせ、うちの会社は99%の中ですよ〜〜」とか、「お金持っているから、零細企業はいらねーって言うんだろ?」などという声が聞こえてきそうだけど、そんなことはありません。

それは、これからの時代を生き抜くための、ある意味堀江氏が言い続けていたことをまとめた本だった。

「忙しい」が口癖になってませんか?しかも、その「忙しい」って自分のやりたいことで忙しいんですか?

これから「労働」というものは機械、ロボットに取って代わる時代が来るだろう。そうなったとき、辛くてつまらない「労働」は消滅する。これからは遊びを仕事にする時代が間違いなくやってくる。

では、これからぼくたちはどんな風に働いて、生きていけば良いのか?そんなヒントが詰まっている本でした。

続きを読む

さかなくん著『さかなのなみだ』せまい世界を出て楽しいことを見つけよう【書評】

sakananonamida - 1

先日、Facebookにポストした僕の投稿に対して少し反響があった。

せまい場所にいては、なかなか「自分の存在を認める」ということができなくなってしまう。それが多感な時期ではなおさら。

そんな「現状を抜けだして、広い世界へ飛び出そう。そしたら自分の世界が広がるよ」と、自身の経験をもとに子どもたちへ(大人も)エールを送った本がこちら、さかなくんの本『さかなのなみだ』。

「いじめに負けるな!」とのキャッチフレーズで書かれた本だけど、大人も子供もぜひ一読して欲しい一冊。

さかなのなみだ
さかなのなみだ

posted with amazlet at 16.05.02
さかなクン
リヨン社
売り上げランキング: 14,561

続きを読む