フリーランス 実績ページの作り方 コツは?

シェアする

フリーランスとして生きる上で、「実績ページ」はとても大事です。

紹介が紹介を生み、HPを持たなくても仕事が周り続ける人も居るけれど、皆がそうではないですよね。特に独立したばかりでは、実績を積み上げるのに一苦労でございます。

そこで、フリーランスのライターをやっている私が、約半年ぶりくらいに実績ページを更新(すべて書き直し)したので、書く際に気をつけたことを書き留めておきます。

実績ページはコチラ→ライティングや撮影のお仕事・ご依頼についてをチェック

フリーランス 実績ページの作成方法のコツとは?

ちょっと踏み込んだ目的を決める

まず、この実績ページを作る目的を決めましょう。

「お仕事を取る」だけでも良いのですが、せっかくなので「(実績から想像して)こんなお仕事が欲しい!」と、もう一歩踏み込んだ目的を決めましょう。

ボクは地方、世界の取材のお仕事、特に旅費が出るお仕事を求めています。ください。

なので、取材・撮影・自然と、外に開けた記事を多めに入れました。

ターゲットを決める

目的が決まったら、ターゲットがだいたい決まります。ここから絞りましょう。

ターゲットを具体的に書き出しておくと、自然とイメージしつつ実績を書き出せます。自然と文体も意識されたものに変わってくるでしょう。

お硬いところであれば、口語はご法度でしょうし、親しみやすさを重要視してくれる方をターゲットにするならば、話しかける書き方がイイかもです。

ここで無理をすると、実際のお仕事の際にギャップが生じやすくなるので、自然体な文章で、でもイメージは強く持っておきましょう。

構成を作る

目的とターゲットは定まったら、いきなり書き始める前に「構成」を作りましょう。

構成を作る目的は3つです。

  • 書きたいことがブレない
  • 全体のボリュームがわかる
  • 書くのがラクである

構成を書いた時点で書くこと(項目)が決まっているので、言いたいことがぶれません。また、なにを書こうか?と迷わないので、ラクに書けます。

最初に書いた構成はコチラ

  • 執筆実績
  • ランボー塾
  • クラウドファンディング コンサル・制作
  • 撮影実績
  • 動画実績

最終的にはこうなりました。

  • 執筆
  • 動画作成
  • クラウドファンディング コンサル&コンテンツ作成
  • 写真撮影
  • ランボー怒りのライター塾
  • オウンドメディア立ち上げ

構成をあらかじめ作っておけば、書き進めて違和感を感じた際に、ゴソッとブロック(段落)ごと入れ替えられるのでラクちんです。

1番見せたいものを最初に、ボリュームも多めに

構成を作る際に重要なのが、「自分はなにを1番アピールしたいか?」を考えることです。

ボクは写真&執筆&取材ができることをアピールしたいので、取材記事のリンクを多めに載せました。

キャッチーさも大事

複数の媒体で書かれている場合。どういう順番にしようか?って悩みますよね。

これもズバリ、わかりやすい順番です。時系列とかわりとどうでも良いです。そこにはこだわらなくてOK。

多くの人に知られている媒体、メディアはキャッチーなので入れやすいです。PVとかはあまり関係なく、知名度の順番にしましょう。

なので、今回はドコモさんを一発目に持ってきました。誰でも知っているから。です。

順番の解説

せっかくなので、ボクが作った実績のカテゴリごとの順番を解説します。意味があるのだよ。意味が。

執筆→一応ライターを名乗っているので、執筆から。実際執筆の仕事が1番多いですし。

動画→次に強みを見せられそうなものとして動画を入れました。あまりこういう動画を作られている方はまだ多くないので、頭抜けられるかな?という目論見。もくろみ。

CF→そしてクラウドファンディング。ここもまだやられている人がボクの認識では居ないので、入れました。ここも強みを言う場所。

写真撮影→プロフ撮影もうちの喜ばれるサービスのひとつなのでここに。

ランボー塾→オンラインサロンをやっているのも立派な実績なのですが(塾生のみんな、ありがとう)、対外的にアピールできる要素はDMMオンラインサロンのページと、勉強会の実績、塾生の声。というものなので、この位置に。

ランボー塾に興味を持ってもらえると嬉しいですが、ライティングの依頼をしたい人にとってはあまり関係ないかも。

オウンドメディア立ち上げ→まだ公開のタイミングではないので、ココに。ほぼできているのですが、公開タイミングがあり。もろもろ整って公開されれば、もっと上の方に行きそう。

実績ページを作るのはお互いの認識のズレを無くすため

  • アレができます
  • コレができます
  • ソレもできます

と、口で説明するより、アウトプットしたもの=成果物で見せるのが1番早いんです。そう、説明なんかいらない。

お互いの時間の節約にもなります。

お仕事はマッチングの問題だけです。良い、悪いの話だけではなく。

今の自分の成果物を見せて、そこから可能性を見出していただければお仕事の話につながりますし、そうでなければお仕事の話が生まれない。ただそれだけです。

って感じですかね。みなさん参考にしていただければ幸いです。

ではレッツ、実績作り♫

ライティングや撮影のお仕事・ご依頼について

こんにちは! 橋本 憲太郎(はしもとけんたろう)と申します。埼玉県鴻巣市在住のフリーライターです。 札幌出身、沖縄が実家。沖縄は年に2回〜3回行きます。 以下のお仕事を承っています。 取材・インタビュー・イベントレポ・撮影もできます。 の、お仕事が多めです。 詳しいプロフィールはコチラから→ プロフィール。お問い合わせはコチラからお気軽にどうぞ。 お問い合わせ 。 …