今夜発表!! 新型MacBook Proを価格面から予想してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

macbook-pro-1

こんにちは。Macのスペックのにらめっこするのが大好きな
Kentaro“Gadget Rambo”Hashimotoです。なげぇよ。

頭文字だけ取って「KGRH」ってどうかな。
読めない。

かぐらひ?なんか和風でカッコよくない?神楽火みたいな。ランボーどこいった。

はい。

なんでくだらない話しをしてテンションが高いかというと

macbook-pro-2

昨日軽井沢のライジングフィールドさんでキャンプして、
今日の昼間帰って来たんだけど
今日はAppleの発表会で、めっちゃ起きてる気まんまんなんだよね。

ムダに実況記事更新しちゃおうかな?とか思っているし。外付けディスプレイあるし、余裕で更新出来ちゃう感と期待がやばい。

ということで、いま夕飯食べましたし、お風呂入ってからガリガリ仕事しちゃうよーーー☆と完全にスイッチが入っているわけです。なぜか。


2008年、MacBook Air伝説の始まり。見て泣こう。

Appleのイベントで発表されしもの

そう、本題に入りますけど、今回のイベントで発表されそうなものは大分絞られています。

  • あたらしいMacBook Pro
  • あたらしいMacBook Air もしくは MacBook 13インチ

え?これだけ?

これだけのためにAppleは2時間かけてイベントやるん?
(過去1時間半のときも多々あったですけど)

こないだの記事でも書いたとおりMacBook Proユーザーの飢餓感は半端ないので、MacBook Proを発表するだけでもお腹一杯になりそうです。

でも少ないよね。

MacBook Airユーザーはどうなる

でですね。

問題は、エントリーモデルというか2008年の初登場以来、アップデートにアップデートを重ねて今や「超メジャー級ラップトップの王者的なSomething」として君臨なされている「MacBook Air 13インチ様の扱いをどうするの?って感じなんですよ。

一説によると、Airが廃止されてMacBook 13インチが出る的な話しが出ています。

わかりますよ。わかります。

確かにAirはRetinaディスプレイでは無いですし「Air」と言うほど軽くありません。(1.35kg)もうMacBookさん(0.92kg)が、軽さと小ささで抜いちゃいましたから。はぁ。

でもね、問題は価格なんですよ。

MacBook Airは一番気軽に買える、Macのラップトップなんですよ!!!!!!!

廃止説濃厚な11インチは102,800円。今は円高の煽りを受けて上がっちゃいましたが、一時は8万円代だったこともあります。

それに対して、超絶メジャーな13インチは112,800円から買える。

ああ、なんてことでしょう。

その点、MacBook Pro 13は148,800円〜、15インチに関しては224,800円〜です。

15インチはプロの仕業なので、問題ないんですが。

約15万は高いべ。気楽に買えないべ。で、MacBook Proのラインは別にいいんですよ。プロが仕事で使うものなので。買えちゃうんですよ。

MacBookに統合されたらどうなる

でですよ。

Airが消えて、MacBook一本になったとするじゃないすか。

ここでも大きな問題が。「MacBook」は高いんですよ。

軽さとRetinaディスプレイのプレミア感からか、無印のクセに148,800円から。

Oh…..

【予想】
もし、13インチのMacBookが出たら、いくらになると思います?
ちなみに、12インチは4月にアップデートされたばかり。

148,800円より高いか、据え置いて12インチの値段を下げるか。みたいか感じになると思うんですよね。

【Airが消えた時の懸念点】

そこそこのスペックで、気軽に買えるラップトップが消滅する。

これに尽きます。超心配してます。あーーーどうなるんだろう。

もしMacBookも何もかも値下げされて
13インチMacBook 128,000円
12インチMacBook 118,800円とかになったら笑えます。

MacBook、半年前に飼ったばかりなんですけど・・・。512GBを188,000とかで(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)

と、書いてたらApple Storeメンテナンスキター!!!!

Apple Storeのメンテナンスに入った様子

MacBook Proの価格を希望的観測から予想

macbook-pro-3

今のMacBook Proさ、高いよね。

15インチなんか上のモデルでも248,000円くらいの時があったのに、いまやGPU載せのモデルなんか28万円だぜ。ビックリだぜ。

で、より多くの方が気にしていると思われる13インチMacBook Proの話しするね。

これ、現行モデルって「128GB」からなんだよね。いろいろ足りないじゃん。iPhoneで言うと16GBみたいな感じでしょ。

無印MacBookは256GB〜なのに、MacBook Proが128GBって、
ビックリでしょ。

まぁ、それくらい長らくアップデートされていない。っていう証拠なんだけどね。

【MacBook Pro 13インチの予想】

で、僕の予想は128GBモデルは消えます

最低256GB〜になる。そして、MacBook Pro 13インチもシンプルに2種類に整理。

256GBモデルと、512GBモデル。CTOで1TBも用意してきたら、泣いて喜ぶ人もいるでしょうね。

256GBモデルを価格据え置きの148,800円かもうちょい安くなればいいな。

で、もし13インチの下のモデルが128,800円くらいまで下がれば

Air13インチに変わるMacのスタンダードなラップトップになるかもしれない。

で、薄く軽いタイプを求めるか(MacBook)、スペックと大きさを重視したモデルになるか(MacBook Pro 15インチ)みたいな?

価格帯も含めた予想をば

ちょっと並べてみるか。単なるおっさんの妄想だから気にしないでくれよ。

MacBook Pro 13インチ: 256GB 128,800円 → エントリーモデル

MacBook 12インチ: 256GB 148,800円 → 完全に持ち運び特化

MacBook 13インチ: 256GB 158,800円 → 持ち運びで少し大きい 存在意義がわからん

MacBook Pro 15インチ 256GB 224,800円 → プロ機

ふむ。どうかな。シンプルなようで複雑だな。

なぜこんなに複雑になったのか

昔はですね

MacBookとMacBook Proの2種類しかなくてですね。

MacBook=一般ピーポー向け
MacBook Pro=プロ向け

っていう明確な違いがあったんですね。

もっというと、
ibookと
PowerBook

っていうのもありましたですね。

そこで
MacBookとMacBook Proの間?に生まれたのが、「MacBook Air」です。

macbook-pro-4

軽さと薄さにスペックを激振りしたマシンで、発熱やら、そもそも超高い価格設定やらでとんがってました。

それが長い年月をかけて価格もスペックも安定し、
今では「MacBook Airで十分だよね」といわれる超スーパーマシンになったのです。

実際MacBook Airは軽くて薄いのに
写真・動画編集もできる素晴らしいマシン。

「ぶっちゃけ、新しいMacBook Air11インチが欲しい」とおっしゃられている強者も居るほど。もう無くなるという噂なのに。かわいそうに。

いますでにMacのラップトップ会は複雑な構造になっています。

(MacBookがエントリー向け、と思いきや価格とスペックから一般人向けではありません。)

Macの勢力図

はてさて。どうなることやら。

で、hashimotoは、なにを買うのか?

3千文字以上も御託を並べちゃいましたが、結局何を買うのか?を話します。

現行、2016年4月モデルの「MacBook 512GB」を使っています。
軽くて薄くてディスプレイがキレイな最高なモデルです。

でもね

写真の補正処理や、動画の編集が絶望的にムリ。

テキストはチャラチャラ〜〜っと打っている分には何も問題ないんですが、写真の補正がムリ。

特に一眼レフで撮ったRAW画像かな。

イベントや取材のたびに、何百枚って写真を撮るんですが、イベント写真の共有で沢山補正していると全くムリ。追いつかないんです。

補正、修正ってCPUの仕事なので、圧倒的にCPUのPowerが足りていない感じ。

常識だよ!バカ!!って声も聞こえてきそうですが、出来ないものは出来ないんです。(泣)

で、家にiMacなる母艦があるわけでもないので、かなり厳しい。

外でも家でも快適に使えるMACHINE。

MacBook Proです。一択です。

しかし、13か15か。
「以前、新宿まで15インチを背負って歩いてたやん!」

って思ったけど、今の方が持ち歩く機会が多い。

大きいと広げられないけど、小さいと作業できる環境が増える。

となると、13カナー:D

13プロかなー

ガジェットランボーは20インチくらい持ち運んでも良さそうだけど、まぁ、13かな。

機動性と性能のバランスを取って。
13の下位モデルをCPUとメモリMAXで。ざす。

今晩、28日の深夜2時を楽しみに待ちましょう。

SAN FRANCISCO - JANUARY 15:  Apple CEO and co-founder Steve Jobs delivers the keynote speech to kick off the 2008 Macworld at the Moscone Center January 15, 2008 in San Francisco, California.  (Photo by David Paul Morris/Getty Images)

SAN FRANCISCO – JANUARY 15: Apple CEO and co-founder Steve Jobs delivers the keynote speech to kick off the 2008 Macworld at the Moscone Center January 15, 2008 in San Francisco, California. (Photo by David Paul Morris/Getty Images)

Apple 発表会のリアルタイム中継

ネットで見られます。

Apple Events – Keynote October 2016 – Appleはこちら

コチラでも、非公式実況をするようです。ぜひチェックしてください→新MacBook発表イベント実況(非公式) #Apple #Keynote #2016 – YouTube

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

乗り換えで毎月の通信料をおトクに!

イイね!で更新情報が届きます。