品川駅で展開された「ディストピア」ディスプレイ広告がわずか1日で停止に。伝えることについて思うところを

ライターの橋本です。

情報発信をはじめてから16年、フリーランスになって6年目の秋です。近年はありがたいことに、行政さまや企業さまから(幅広い意味で)情報発信の講座をお願いされることが増えてきました。

で、今回ちょっと伝え方というか広告について思うことがあったので書いてます。

2021年9月30日に緊急事態宣言が解除され、10月4日は久々の日常の出勤日とのことで、品川駅にこんなディスプレイ広告が張り出されました。

Twitter上ではこの広告を見て賛否両論の雨嵐。どっちかというと否が多いように見受けられました。

スポンサーリンク

ディストピア、ああディストピア、ディストピア

こっちの方がいい!とほかの駅の広告を出す例も…

誰に対しての広告?

そもそもこの会社は労働者ではなく経営者がクライアントとのこと。なぜ、よりによって平時でもディストピア感しかない品川駅に出したし……。

「#品川駅前で一番心傷付けた奴が優勝」が盛り上がるもオリジナルは誰も勝てなくて草も生えない

やめてください!!w

www

品川関係ないwwww

今日イチ笑いましたwwwwwww↓

5日に掲載を停止。謝罪文が出る

AlphaDrive/NewsPicksの広告掲載について | ユーザベース

このたび、ユーザベースグループの株式会社アルファドライブが展開する「AlphaDrive/NewsPicks」が、10月4日(月)よりJR品川駅コンコースにて広告掲載したブランドメッセージにおいて、当駅利用者の方々への配慮に欠く表現となっておりましたことを心よりお詫び申し上げます。当該広告については、10月5日(火)午前をもって掲載を終了いたしました。

AlphaDrive/NewsPicksの広告掲載について

あまりにも否の意見が多かったからなのか、Twitterでバズり散らかしたからなのかわかりませんが、まぁ悪いことしたからストップしたよ。って感じなんでしょう。

炎上してでもバズればOK

なぜ「人を傷つける炎上」を引き起こしたのか

情報発信の端くれとして、思うところをまとめておきます。

以下は事実

  • そもそも経営者に向けた広告である
  • 経営者に向けて「今日の仕事は、楽しみですか。」と問うのはアリだと思う(フリーランスである橋本も辛くはない)
  • 出した場所が品川の「社畜川」と呼ばれるゾーン
  • 場所が場所だけに大騒ぎになる

これについてどう思うかは個人の自由ですが、多くの人の心をえぐったのは先程紹介したTwitterの通りかなと。(もちろん紹介というか貼り付けたのは一部です)

我々経営者というか自分で事業をしている人にとっては「日本を元気にしてやるぞ!」と気合が入る気持ちもわかるんですが、なにせ出す場所が悪かった。

スタートアップがひしめき合う渋谷や六本木だったらまた違ったんだろうな、みたいなことは思います。難しいですけどねぇ。

働く人を「消費」するビジネスモデル

この炎上バズを狙って品川に広告を出したとしたら、狙い通りでNewsPicksっぽいな。ってヘドが出そうなんですが(個人の見解です)すごい消費社会が進んでいる感じがします。うまく言えないですが。

駅中の本屋さんは似たようなビジネス書、自己啓発書が乱立させ、仕事で疲れているサラリーマンの方に対し「もっと勉強しろ」「もっと上を目指せ」「意識を高くしろ」とプレッシャーをかける。

スキマ時間を使ってニュースを見て、自らを高めないと価値がないと煽る。

なんかね、余裕が無いんですよね。楽しんで本やニュースに触れてないでしょ。

働く人を消費するマーケティングはそろそろ終わりじゃないのかなって。国として豊かになっているならイイんですが、明らかに労働者というか我々は豊かになってないですし。

良い方に心が動く文章を書きたいな

文章はこころを動かしてなんぼなので、その点ではすごくうまくいきましたが今回の件は明らかに「悪い方に心が動く」広告でした。

でも、そろそろ誰かの心を殴って、傷つけてお金儲けするのはやめようよ。って感じます。

未来なさすぎでしょ。

終わり。僕も注意します。

タイトルとURLをコピーしました