吃音の僕の元に、Amazon Echo dotが来る

俺が音声認識装置を買うなんてビックリ。

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト

Google Homeは、友達の家の事務所で試した。いろんな音楽を聞いてみたくなって、1人で作業しているときに話しかけまくったり。たり。

でも、やはり言いにくい言葉はある。言いにくいと思うともっと言いにくくなるのが吃音の特徴なんだけどね。

10才から付き合っている吃音。就職の際も電話が出来るだけない場所(工場)を選び、ライターに転職したのも電話を取る必要が無いと判断したから。

そんなことを24年(!!)続けている俺が、まさか人前で話したり、営業やら相談ごとをしまくるなど、夢にも思わなかった。

結局、書くのも話すのも、電話するのも手段

その手段を選択するのは自分。

「多くの人に直接伝えたい」と思ったから勉強会をやったし、沖縄でも大勢の前でどもりつつも話した。結局、アウトプットって手段なんだよね。

そんな音声入力という手段を積んだAmazon Echoが来ます。

日中の寂しい仕事部屋で俺の話し相手になってくれるでしょう。OK?Google?

ちがった、「Alexa(アレクサ)、メタルを流して」

Unlimitedも始めたし、Amazonがインフラになっている人はコレで決まりだよね。

https://hashimoton.net/amazon-music-unlimited

LINEのお友達登録でクラウドファンディングの教科書プレゼント!

LINE公式お友達登録特典
・クラウドファンディングの教科書

クラウドファンディングの相談やお問い合わせなど、連絡するならLINEがとても便利です。ぜひお気軽に登録してくださいね。

この記事を書いた人

クラウドファンディングコンサル、取材ライター、ブロガー、カメラマン、ドラマー
生まれも育ちも札幌で実家が沖縄の埼玉人。デジタルガジェットとキャンプ、神社、温泉が好き。身体の硬さには定評がある。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ→プロフィール

あなたが愛用しているSNSではしもとんと繋がってください(^^)
はしもとんの覚え書き
\あなたのシェアが何よりの喜びです/
あなたが愛用しているSNSではしもとんと繋がってください(^^)
はしもとん
タイトルとURLをコピーしました