Slide 1
Hashimoton entertainment laboratory
はしもとんエンタメ研究室

私たちは、発信したいコト・モノを
様々なエンタメの形で楽しくアウトプットする研究室です。

Slide 2
MISSION
橋本が応援したいすべての人を喜ばせる

発信したい!あなたの熱い想いを
「橋本」のフィルターを通して発信します

Slide 3
メイン研究テーマその1
クラウドファンディング

65件、9,000万円以上の支援を集めた、
失敗しないためのノウハウを共有しています。

Slide 3
メイン研究テーマその2
ライティング

届けたい熱い想いを「はしもとん」のフィルターを通して適切な場所に適切な形で届けます。得意分野はインタビューとガジェット。

previous arrow
next arrow
あちこち行ってレポート書きました

現地&季節限定! お土産絶対不可の「赤福氷」がうますぎる [三重グルメ情報]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

akahuku-kori - 6

三重県伊勢市が誇る最強のお土産といえば「赤福」。

まんじゅうの逆バージョンで、あんこが外側についているという奇想天外なお菓子。賞味期限が「翌日」と極端に短いことから、お土産でもらうとその場で食べなければいけないというプレミア感があるお菓子です。

そんな赤福がかき氷になっちゃった、「赤福氷」を頂いたのでご紹介。

こ、これはお土産に出来ないやつや!

伊勢夫婦岩ショッピングプラザ店

akahuku-kori - 2
夫婦岩から歩くこと5分くらい。赤福氷は「伊勢夫婦岩ショッピングプラザ」で食べられます。

伊勢神宮の隣の「おかげ横丁」でも食べられますが、混んでそうだったのでこちらにしました。(同行してくれた地元のスーパーガイド情報)

お店に入るなり、看板を発見。これは期待できる。

akahuku-kori - 3
こちら。「赤福氷」の看板が映える。

やっぱり、暑いときはかき氷だよね!!!!

akahuku-kori - 4

赤福氷と、熱いお茶と頂く「赤福 盆」があります。

・・・赤福氷の存在感。

これが赤福氷だ!

akahuku-kori - 5

ででん。氷にかかっているのは抹茶!

お茶碗にかき氷が守られているのがシュール。

akahuku-kori - 6

このボリューム感である。

akahuku-kori - 7
抹茶かき氷を食べ進めると、中から赤福(あんこ部分)が!!

宝探しをしているような気分で面白い。

akahuku-kori - 8

ボリューミー!

akahuku-kori - 9

当然お餅部分も入っています。ただのかき氷だとこんなに多くの量は食べられないですが、赤福と一緒に食べるので最後まで飽きずにいけちゃいますね。

akahuku-kori - 10

頭がキーンとなりそうになったら、熱いお茶を一口。冷たいものと熱いものを一緒に頂くという絶妙なハーモニー(食レポはハーモニーと言っておけば良いという安易な考えではないんだからね)

伊勢に来たら赤福氷、頂くべし

かき氷内に入っている赤福、氷(というか水分)でふやけちゃったり溶けちゃったりするのかな〜?と思ったのですが、そんなことなく形を維持したままでした。

あんこを少しずつ削って抹茶氷と一緒に食べる。あんこの量を調整しつつ食べる。という斬新な食べ方が面白かったですし、とても美味しかった。

赤福氷は三重と愛知県の2箇所でしか食べられません。見かけたら、この赤福氷とお茶でちょっと一息ついてみませんか。

美味しかった!またきまーす。

赤福氷の詳しい情報はこちら→店舗のご案内 | 伊勢名物 赤福

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください