新宿センタービルで「360°の世界」を開催中。RICOH THETAとの付き合い方がガラッと変わる

シェアする

THETA Event - 1

写真という概念をガラッと変えた360°写真

360°カメラを使うことで撮れる写真で、一般的なカメラのように一部分を切り取るのではなく、空間をまるごと残す。というまったく新しいアプローチができるように。

THETA Event - 2
△RICOH THETA

そんな360°カメラの代表機種が「RICOH THETA」です。このRICOH THETAを楽しみ、身近に感じられる体験型イベント「360°の世界」に一足早く遊びに行って来たので、ご紹介します。

プロが撮るRICOH THETA

THETA Event - 5

会場に入ると、すぐに「シンヤB」さんがRICOH THETAで撮った巨大な作品が。

36インチにプリントしたこの作品は目の前で見ると圧巻。どうやって撮ったのか?ということも考えながら見るとさらにおもしろいです。

ほかにも3人のTHETA フォトグラファーの作品が展示されていたり、コンテストの入賞作品が展示されています。

THETA Event - 6
そこで、360°の世界の第一人者、シンヤBさんにお話を伺いました。

初めて全天球写真を撮ったときのこと

シンヤBさんがはじめて360°映像を撮ったとき、レンズにすべての景色が吸い込まれるイメージを持ったという。

これまでのカメラは(というか普通のカメラは)、見ているところの一部をレンズで捉える。という考え方ですが、THETAは周りの空間をすべてレンズで捉える。

なので、シンヤBさんの作品は、中心に吸い込まれるような印象なんですね。

THETA Event - 7
△シンヤB氏が誕生日に撮った作品

撮影のコツ

THETA Event - 8

シンヤBさんは、Facebookに投稿する際に、iPhoneのアプリを3つ使って360°写真を加工しているとのこと。

  • ブラケット撮影をする。
  • HDR加工
  • THETA+で仕上げ

そこの詳しいやり方はTHETAの本にしっかり書かれているとのことで、参考にしてくださいとのことです。
(記事末尾のリンクよりどうぞ)

フィルムカメラのように、すぐに確認できない撮り方がお気に入り

また、THETAで撮る際、iPhoneに接続してプレビューを見ながら撮るのではなく、THETAだけで撮影→あとで確認。という方法で楽しんでいるとのこと。

撮影チャンスはすぐに去ってしまうのは普通のカメラと同じ。とりあえず撮って、後で確認することで、フィルムカメラのようなワクワク感が感じられる。また、撮影枚数が結果的に増えて、楽しめる。とのこと。

THETAを使わなくなってしまう人は、Wi-Fi接続したうえで撮っていることが多いようです。たしかに手軽さが失われちゃいますもんね。

シンヤBさんは、イベント期間にスポットで会場にいらっしゃるので、ぜひ撮り方など伺ってみてはいかがでしょうか?

優しくユーモアたっぷりに対応してくれますよ。


体験コーナーでは360°写真をみんなで楽しめる

THETA Event - 3
△楽しんでいる様子。偶然通りかかった知り合いにやってもらいました。

ほかにもRICOHの最新技術を使ってVR体験ができます。
360°画像を大画面に映し出し、周囲の人みんなで楽しめるっていいですよ。ぜひ盛り上がってみてください。

THETA Event - 4

1人でVR体験もできます。

グラスの向こうには、世界の街並みや女子高生(!)など、いろいろな映像が広がっていて、まるでその場に居るように錯覚してしまいます。
ボク自身も体験してみて驚きだったんですが、視線を検知しているようで、見る場所を変えると、別の映像が出たり。

ぜひ、会場で体験してくださいね。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


会場(の半分)をTHETAm15で撮影。場内は基本撮影禁止ですが、THETAで撮影するのはOKとのことです。

イベント詳細

会期:2016年8月24日(水)~9月5日(月)
時間:10:30~18:30(最終日16:00終了)
定休日:火曜日
入場:無料
会場:リコーイメージングスクエア新宿(ペンタックスフォーラム) ギャラリーI&II
〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)

イベント詳細はこちら→イベント | RICOH THETA