ランボー塾

ランボー怒りの2017年 半年計画(4月〜9月)。記事を速く書きたい、色んな切り口を身に着けたい人はおいで

アーチェリーで的を狙いながら失礼します。「ランボー怒りのライター塾」と言うふざけた名前の、至極真面目なオンラインサロン(塾)塾長、ランボー憲太郎です(出落ち感)。

「ランボーといえばアーチェリーだろ!」と、仕事を忘れて夢中になっています。練習のかいがあり、何発目かで真ん中に当たりました。

さて、2017年“度”が始まりましたね。僕は個人事業主なので年度はあまり関係ないかもしれないのですが、4月は始まり感が出ている月なのでなんか張り切っています。

また、僕が運営するランボー塾も半年が過ぎたので、改善も含め塾内の半年計画を黙々と作っています。塾生が6ヶ月後には堅実な実力がつくように目標を定めて設計しました。

ランボー塾の特製上、塾生は20人が限度だと考えているので、これ以上は増やさない予定です。気になる方はぜひ。

ランボー怒りのライター塾 – DMM オンラインサロンの詳細を見る

続きを読む

[残3名] 2月20日(月)神戸でライティング&伝える力の勉強会「リアルランボー塾」を開催します!

もっと楽しく記事を書きませんか?

初心者向けのライティング・伝える力を学ぶ「ランボー怒りのライター塾」のリアルな対面勉強会「リアルランボー塾」を神戸でやります。

おいしいやさいカレーを食べ、リラックスしながら「伝える力」について共に学びましょう。

申し込みはこちらリアルランボー塾 in 神戸 | AnyPay(エニーペイ)

続きを読む

失敗しない取材記事の書き方。事前準備から心構え 撮影のコツ 仕上げ方まで

writer-coverage-1

「ライターです」と言うと「取材はできますか?」と聞かれます。よく聞かれます。

取材なしの記事と、実際に現場に出向いて、お話を聞いて、写真を撮って(もしくは撮ってもらって)記事を書くのには、別のスキルが求められます。

そこで、人より多く失敗しているボクが「取材時の心構えと準備、取材時の動き方」をまとめました。

上級ライターの方はもっとうまいやりかたがあると思いますが、初心者ほど知ってほしい。という内容です。

取材の時間は取り返せません。失敗ができない取材時こそ、事前準備が必要なのです。

続きを読む