地に足の着いた夢に向かって突き進む行動のメソッド!!jMatsuzakiの単独セミナー、夢見るリアリスト講座レポート #DR講座

NewImage

@kentaro_jpです。
記念すべき1月14日、僕は池袋のある一室にいました。

外は大雪、中は激アツ。これなーんだ?

と、なぞなぞみたいな不思議な空間。

そう、@jmatsuzakiによる単独セミナー、夢見るリアリスト講座が豪雪の池袋の中、行われていたのです!!

自分の夢を用意していなくても問題なかった。

NewImage
当講座に申し込んだのは去年の12月。受付開始後間もなくだったような気がする。

夢に向かって進む為に何をすべきか?が焦点となるこの講座。そう、ワークを中心とした実践の場だったのです。

実践と聴いて、僕は戦慄しました。

夢って何だろう。。。。

こんなに好きな事が多く、やりたい事も多い僕ですら、夢って言葉を口にした瞬間、うろたえてしまい、「そ、そんなこと言われましても( ꒪⌓꒪)」状態。

しかし、あまり深く考えずに参加を決めたのは大正解でした。

ここで、講座の中から特にあなたに伝えたい事をいくつか紹介します。

最後まで読んだとき、@jmatsuzakiの講座を体験したいとおもって頂けたらコレ幸いですね。

夢は自分の役割に対するミッション+価値観+アクションである。

夢、役割は一つではありません。

僕を例に例えると、夫、父親、仕事、ブログ、音楽、Apple、などなど。

全てが絡み合って、Dreams……複数系になるんです。

自分はその役割はなんであるか考えます。

その役割に対して、自分はどんなミッションが掲げられるか?それにはどんな価値観が伴っているか?

そして、その役割を果たすにはどんなアクションを自分が実行するのか?を考えました。

それこそが自分のと言う事なのですね。

僕が真っ先に頭に浮かんだ役割は……家族でした。

計画は不安を拭う。

NewImage
5カ年計画。というものを聴いた事があります。

大まかに自分は5年後どうありたいか?を書き出し、それにむかって進む為に、一年、一ヶ月、一週、一日の行動に落とし込んで行く計画です。(あってる?)

5年後の夢を今日、何をすべきか?の行動まで落とし込むのが計画のゴール。

自分のミッション(夢)を一日単位のアクション(実行)に落とす。それが、地に足の着いた夢に向かう方法でした。

日々、ぼんやりと思い描いているだけだった夢を、計画をたてる事によって毎日着実に進む時間を作る。

今日は自分のミッションに5時間かけられた。今日は30分だった。

計画をたてる事により、自分のミッションに誠実になれる。何をして良いかわからない不安、恐怖を取り除くのです。

考え方、やり方によってミッションに掛けられる時間は多くなる。

NewImage
※写真の内容も大事過ぎます。

これは目から鱗でした。しかし、自分自身知らずに実施している事でした。

会社への通勤時間、勤務時間、お風呂、ランニング、睡眠、を全部実施していると、ブログ書く時間とかあるの?と言われます。

夢に割ける時間なんて、睡眠を削るしか無いじゃないかと。

そんな単純な事では無かったのです。

やらなければならない雑務、ご飯、仕事、の間にも、頭を働かさせれば夢をかなえる時間になる。

いくつか例がありました。
昼食→ランチミーティングにする。

家事→Podcastを聴く。

嫁とテレビを見る→テレビを消し、子供の将来について語る。

毎日の行動にミッション、雑務、緊急、娯楽、と4つに分け、行動別にチェックを入れる事により、一日の行動に対する評価が出来るというわけです。

一分、一秒でもその時間を増やすのが目的となります。

自分は上手い事、意味のある行動を取っていた為、11時間は意味のある行動でありました。素晴らしい。

これを習慣化する事で自分の行動を客観的に評価、そして次に繋げると言うことですね。
最初は大変かもしれないですが、大いに価値のある習慣であります。

興奮冷めやらぬうちにさっそくカミさんに話しました。

素晴らしい時間をありがとう!

最後に記念な写真を何枚か貼っておきます。

NewImage
記録的な大雪でした。皆さん忘れられない一日になったと思います。札幌人の俺が……うろたえる雪……だと?

NewImage

迷いのない文句に感服!

NewImage
司会であり、僕のメタルな師匠、@keikanri。彼の今後の活躍にも期待しています。

NewImage
セミナー終了後の運営の3人。たった3人で凄い!(๑˃̶̀⌄˂̶́๑)✨
sun sun sunny主宰の@sunnychild1、@jmatsuzaki、@keikanri。

NewImage
最後はやっぱりこのポーズ。
あれ?アタシ、オカマっぽくない?!
視点が高いのは@ttachiさんに撮って頂いたからです!いつもありがとうございます。

第二回に期待大!お疲れ様でした!またお会いしましょう!

jMatsuzaki

KeiKanri

sun sun sunny

LINEのお友達登録でクラウドファンディングの教科書プレゼント!

LINE公式お友達登録特典
・クラウドファンディングの教科書

クラウドファンディングの相談やお問い合わせなど、連絡するならLINEがとても便利です。ぜひお気軽に登録してくださいね。

この記事を書いた人

クラウドファンディングコンサル、取材ライター、ブロガー、カメラマン、ドラマー
生まれも育ちも札幌で実家が沖縄の埼玉人。デジタルガジェットとキャンプ、神社、温泉が好き。身体の硬さには定評がある。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ→プロフィール

あなたが愛用しているSNSではしもとんと繋がってください(^^)
イベント情報
\あなたのシェアが何よりの喜びです/
あなたが愛用しているSNSではしもとんと繋がってください(^^)
はしもとん

コメント

タイトルとURLをコピーしました