日本でもついに発売開始!!iPhone5以降のユーザーはLightning to Micro USB adapterを一つお守り代わりに身につけると良い3つの理由。

スクリーンショット 2012 11 03 22 40 10
こんばんは!ここぞというときに充電ケーブルを忘れた@kentaro_jpです( ゚д゚ )

iPadRetinaDisplayまで無理矢理アップデートされてiOS製品は全てLightning USBケーブルでしか充電出来ない子になりましたね。

欧州ではiPhone5発売の時に普通にラインナップされていたのに、日本では手に入らなくて輸入までした方もおられるLightning to Micro USB adapterがついに日本でも発売となりました。お値段1880Yen

え!?お高い!?

いやいや。通常のが1880円ですので、高いと感じられるかもしれませんが、iPhone5以降のiOS製品を所持している方は一つ持っておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク

iPhone5以降のユーザーはLightning to Micro USB adapterを一つお守り代わりに身につけると良い3つの理由

理由壱 MicroUSBケーブルは何処でも手に入る

お出かけ用にライトニングケーブルをもう一本準備されている方も多いと思いますが、万が一忘れた場合。
近くの100均で簡単に手に入ります。

充電出来ない恐怖から逃れられますね。Lightning to Micro USB adapterを忘れなければね。

理由弐 かさばらない

あくまでお守りなので、かさばると意味がありません。
標準のLightning – USBケーブルはなんと1mえ!?1mもあるの!?

予備に何本も持ち歩きたくないですね。

理由参 大体ケーブルの壊れる部分は付け根の線の部分

前にiPodの30ピンケーブルがあらかた破損した為に、家に居るのにiPhoneの充電が出来ない恐怖感。を味わった事があるのです。

ケーブル、線はいずれ破損します。取り回しを良くするために柔らかくなっている正にケーブルの部分。端子とくっついているところが弱い。

早くサードパーティ製が出て欲しいなぁ。って思うのは、純正がお高い為に、破損した時に買うのが痛いからだと思うんですね。

理由壱に書いた通り、MicroUSBは何処でも手に入るので、破損しても100円で取り替えられるという安心感があります。そう、いままで使っていた30ピンケーブルの様に。

まとめ

iPhone5発売から要望がちらほら聴こえていた製品がついに発売なので素直に嬉しいところ。これでサードパーティ製のLightning USBケーブルの発売を待たなくて良いと思います。

ただ一つ問題なのは、僕がまだLightningを使用するApple製品を一つも持っていないって事だけですね。

Lightning – Micro USBアダプタ – Apple Store (Japan)

タイトルとURLをコピーしました