結論:精神も肉体も健全な人は「試行錯誤する素直な人」

橋本 憲太郎です。

先日、Facebookに一言書いたら、少し反響があったので掘り下げてみたいと、、、、思います!!!

結論:精神も肉体も健全な人は「試行錯誤する素直な人」

今回、精神も肉体も両方扱っているのは、情報を手に入れ実行に移すことで精神も肉体も健全になれるから。です。

病気の場合は、医師の適切な処置を受けてほしいんですが、普段の生活と意識で改善できることは多い。

そこで、必要なのは素直さと試行錯誤なんです。

健全な人の定義

 

健康。これ。

元気な状態で、まともに思考できて、まともに動けること。ですね。

まともに思考できること。ってかなり大事で、仕事の生産性はもちろん、生活してる上での幸福度も変わってきます。

もちろん、肉体が健全ではないと「まともに思考ができない」ので、肉体と精神の健全度は相関関係にあると考えます。

素直だとたくさん吸収できる

素直な人は吸収の敷居がとっても低いんです。受け入れる力がある。とも言い換えられるかもしれない。

まずは知識や知恵、情報を収集する。それで、自分のものにする。

最初から疑い深い心だと吸収できないんです。まずは受け入れること。

後述しますが、

100を受け入れるのと、30を受け入れるのでは、

試行錯誤する量が変わってきてしまう。

100の情報量で試行錯誤するのと、30の情報量で試行錯誤する。

どっちがいいと思いますか?

素直なだけだと、鵜呑みになっちゃう。だから実際に試行錯誤する

たくさん吸収したあとは、それが役に立つのか確認するために試行錯誤が必要です。まずは試してみる。そして改善してみる。知識を入れただけでは、何も役に立たないからです。

また、その知識や情報が合っている保証もありません。ただ鵜呑みにしてはいけないのです。

ライフシフトパートナーシップで受けている方々は、ある種の素直さと疑い深さ(ちょっと頑固)の要素を持ち合わせています(笑)なので、僕が話した内容も、腑に落ちるまでずっと疑い深かったりします(爆笑)

僕はそれでこそだ。と思います。なんでも言われるがままに実行して頭を使っていないのでは、成長がないからです。

(一部ではお客に素直だけ求めて、依存させる悪い人もいますが、それは別の話し)

前提として素直さは超大事

素直な頑固。

この言葉がとっても好きです。

根は素直なんだけど、自分の意思を強く持っているので、譲らない部分や美学がある。

人に染まらない。

いろいろ試行錯誤をするのと、染まるのは別問題なので。

自分の中心を持ちつつ、いろんなモノを取り入れ、自分をアップデートしていく。

そんな人になりたいものです。

終わり。

☆はしもとんからのお知らせ☆

現在募集中のイベント・セミナー情報

2020年1月25日 18:00~22:00 【ライティングブートキャンプ・短縮版〜売るための伝える力を身につけよう!】
【ライティングブートキャンプ・短縮版〜売るための伝える力を身につけよう!】 「実践」ライティングレベルアップ!
<1人参加歓迎です・アットホーム♪> 大人気!2回目開催決定!申込お待ちしています。【1月25日(土)ライティングブートキャンプ・短縮版 in 星の砂 Tokyo Tower (御... powered by Peatix : More than a ticket.

セミナー、勉強会の依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ。クラウドファンディング、ライティングブートキャンプ、情報発信全般の実績があります。

タイトルとURLをコピーしました