月額有料マガジン『橋本憲のブログに書く前の話』配信中!

情報一切なし。橋本が考えているけれどまとまってないことを書きます。

記事を途中まで読んでみる

大事なお知らせ

はしもとけん
はしもとけん

2021年12月1日より㈱会社22世紀アートの宣伝部部長としてジョインします。5年半ぶり3度目の会社員です!

「ジョイン」って言ってみたかったので、もう満足です。お疲れ様でした。

ーーーー

橋本です。

表題の通り、12月1日より株式会社22世紀アートさんの宣伝部部長として、ジョインさせていただきます。やったー!久しぶりの会社員だー!!って感じなんですが、経緯と今後についてを語って行きたいと思います。

詳しい話や、報告以外の話は橋本憲のブログに書く前の話|橋本 憲|noteこっちのnoteに書き綴ってしまおうと思うのですが(宣伝)今後の活動についてから。

まず、自分の事業は続けます。

スポンサーリンク

はしもとんのエンタメ研究室はやります

22世紀アートさんはありがたいことに副業可なので(副業OKの会社に勤めるの初めてでビビる)これからも個人事業は続けさせていただきます。

これまで生き残るために節操なく増やし続けてきたサービスですが、おそらく整理しつつ縮小傾向にしつつ、時間の切り売りにならないもの、セミナーは講座など教育に関わることは積極的に続けます。

二足のわらじ…を履きこなせるほど器用ではなく(シングルタスクなので)多分会社の仕事に夢中になる気がしてならないのですが、せっかく鍛えた事業者マインドを消さないように学びつつ、無理なくやっていきます。

発信と教育の分野中心かなぁと。

22世紀アートさんとはどんな関係?

そうですね。

去年の11月ごろ、取締役の方から一通のお問い合わせを頂いたんですね。

それは「クラウドファンディングを検討しているから話を聞かせてほしい」的な内容でした。

そこで、いつものようにミーティングをしたんですが、そこで同席していた社長が

「橋本さん、クラウドファンディングだけじゃなくて情報発信のいろいろ知ってたりするでしょ?」と見抜いてくれて(バレて)そこから月額契約の情報発信アドバイザーが始まりました。

ありがたいことに、そこから相談ごとがだんだん増えていきます。

↑ルネサンス棚倉さんのワーケーションモニターにも参加していただけました。

オウンドメディアのライターさんへの教育や、橋本の強みを生かしたメディア構築、動画製作のシナリオ添削など、先日は社員さんの新しいプロフ撮影も任せてくれました。

前から僕の個人事業もずっと応援してくれていまして、相談なども聞いてくれていたんですよね。

先日、その話の中で「宣伝部を新設のために準備をしているんだけど、入社しないか?」とお声掛け頂いたわけです。

はしもとけん
はしもとけん

いまなんて?

ちなみに、父親が会社畳んだあとに部長職で転職できて偉い。って書いた次の日の話でした。ウケる。

尊敬する父親の15周忌を迎えて、父超えの機運が高まる|橋本 憲|note 

打診の次の日面接

オファーと言うか打診を頂き、かみさんに相談というか報告をし、次の日に「入社したいですお願いします」なるお返事をする。

その日は14時から別のライター研修(するほう)が入ってたんですが、「副社長が話したいからすぐ面接するぞ」と連絡を頂き、「このスピード感、好き」と返事し(してません)

心の準備もできてないまま、コーヒーの粉も切れたまま入社面接。

副社長と社長の質問の弾幕をくぐり抜け、無事合格いたしました。ふう。アドリブ怖い。まんじゅうこわい。

ありがたい条件として

  • 部長職
  • リモートワークベース
  • 残業代出る
  • 普通の企業休みカレンダー
  • 副業可

すごくない?

↑ホームページに、もういるんよw仕事早いんよ。

会社員のときの自分への悪いイメージがでかかった

僕は18歳の高卒から東洋製罐でラインオペレーターとして11年、AppBankで3年間と、正社員を14年間やったんですが、個人事業主5年半を経て久しぶりの正社員復帰となります。

この字面だけみると恵まれてるっていうか本当にありがたいことですよね。

なんか僕って自由っぽいイメージ?フリーランスっぽい感じ?ですが、意外と固いし世間的には普通です。

21で結婚して子ども3人いるし…。普通だよね。

会社員の話に戻すと、これまで14年間はかなり受け身野郎で過ごしていて、独立して自責のマインドになるまで超苦労したんですよ。いままでどんだけ自分の頭で考えてなかったんだと。

で、会社員の時はずっと仕事に対して自信がなかったので、悪いイメージが残っているんですね。

これは社長に正直に言っているので、アレなんですが、これまで会社員時代は受け身でなかなか自分ごとになってなかったイメージがあるから、そこらへんも払拭してトラウマを吹っ飛ばせればいいなと。

なので、内定頂いた瞬間から2日間くらいは自信の無い雰囲気の緊張が漂って来てたんですが、そこで思い出したんですよね。

救いはハッタリ入社ではないこと

あ、俺この会社さんと1年間付き合ってきたし、信頼関係も築いてきたし、弱みも強みもお互い理解しているんだ。って。(向こうの弱みはわからないけどw)

いまさら心配することないやん。って思いました。

まぁ中に入るとやることや責任の範囲が広がるけれど、これまでの1年間でも同じことなので、会社の変なトラウマに飲み込まれないように気をつけるだけですね。

あと中に入ったからこそ、上下関係を無駄に意識することなく、相手へのリスペクトの上でフラットなお付き合いすることを忘れずに。

事業者のマインドを忘れずに。

会社員を煽らなくてよかった…

フリーになると、会社員を煽りだす人がいるんですが、僕は前から会社員最高だぞ。正社員最高だぞ。いま思うと東洋製罐のホワイト企業っぷりがエグすぎて泣けるぞ。って言い続けてよかったなと思います。

14年間会社員やった人が、フリーになった瞬間に会社員を煽りだすのは違うでしょって思うわよね。ふう。

独立後、鍛えてくれた皆様にありがとう

今回のお話も、これまで橋本にいろんなお仕事をふってくれたり、相談してくれたりしたおかげです。じゃないと、自分の得意なことに気づかなかったですし、自分の頭で考えて生きることもなかったと思います。

引き続き、叱咤激励をお願いします。

今後の話や日々学んだこと、個人事業主の経験の話などは橋本憲のブログに書く前の話|橋本 憲|noteこちらに書き留めていくので(ポエム)お祝いに購読頂けるのも嬉しいです。

あ、でも入社の祝いですが、先日発表されたApple Gift Card – Apple(日本)もお願いします。これでApple WatchとiPad mini6買います。お祝いギフトは kentaro@hashimoton.net こちらまで。

タイトルとURLをコピーしました