2017年 一之宮貫前(ぬきさき)神社 初詣の混み具合は? 熊手とだるまの価格も

シェアする

あけましておめでとうございます。

神社には年に何十回もご挨拶に行っているのですが、例によって今年も初詣に行って来ました。

独立して最初のお正月なので、これまで以上に「商売繁盛」を意識。そんなご利益のある神社をググったところ、ヒットしたのがここ。

一之宮貫前神社」です。

1,500年の歴史を誇る神社なんですって。初詣にも人気なスポット。

1月1日の元日に無謀にも初詣に行ってきたので、混み具合をご報告です。

一之宮貫前神社 初詣の混み具合は? 熊手とだるまの価格も

40分待ちは覚悟しよう

僕たちはお昼すぎから行ったのですが、結論からいうと40分待ちました。

午前中、とくに朝イチで行くともっと空いているハズなので、並ぶのが嫌な人は早めに出ましょう。

後述しますが、車の渋滞もあるので、やはり人が動かない時間に行くというのは大事ですね。

場所は?

貫前神社は群馬県の富岡市にあります。

目的地まで残り7分で大渋滞に巻き込まれる

さすがに車の中からは写真を撮らなかったのですが、付近の幹線道路に差し掛かったときから渋滞が始まりました。

具体的には「国道254線(富岡バイパス)」。富岡側から、下仁田方面に行く道で、右折車が列をなし鬼のように混んでいました。

逆に下仁田方面から富岡方面に行く道は空いていたので、渋滞を回避するならコチラ側から攻めるとよいです。

駐車場は500円

案内の人が居るのでわかりやすいのですが、神社の手前に特設駐車場があります。

駐車料金は500円です。おとなしく払いましょう。

通常参拝時は、駐車場がとくに無いとのことですが、門の前が駐車禁止では無いそうです。(公式HPより)

縁日で大盛り上がり

一ノ宮貫前神社 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

鳥居までゆるやかな長い坂を登ります。

でもさすが初詣。出店があらゆるところにあるので、飽きません。

クレープ、からあげ、おこのみやき、りんご飴、わたあめ、串焼き・・・。あ、チョコバナナもありましたよ。

石段の先は入場規制

参拝するための石段から先は、入場規制がかかっていました。

このありさまです。

これで約40分くらい待ちました。

前述したとおり出店がたくさんあるので、ここで食料を調達しておけば飽きないかも。

普段は入って2秒で参拝完了しているので、ここまで待ったのははじめてですね。

参拝は階段を降りてから

40分間待ち、お参りの時間です。

貫前神社は、珍しい下り参道の神社。階段を下りると参拝できます。

階段を降りるときは足元に気をつけ、前の人を押さないように注意しましょう。

熊手の価格、ご利益は?

熊手は大が2,000円、小が1,000円です。思ったよりリーズナブルでステキ。

ご利益は「商売繁盛」、「家内安全」です。コレさえあれば、なにもいらないよね。

ちなみに、だるまは3種類のサイズがあり、大が1,000円、中が500円、小が300円だったハズ。(定かではないです)

まとめ

かなり混雑していましたが、無事初詣を済ませました。気がかりなのは、まだおみくじを引いてないこと・・・。どうしよう。

一之宮貫前神社 情報

住所:群馬県富岡市一ノ宮1535

開門時間
総門:通年開門 楼門:6:00~17:00

mail : kan-shamusho@nukisaki.or.jp
電話 0274-62-2009